レバレッジに上限があることのメリット、デメリット


キプロスにあるFX業者が日本人をターゲットにした大きな理由のひとつに、

レバレッジの規制がないということがあります。

 

皆さんご存知の通り、日本ではFXに対してレバレッジ規制が掛かっています。

25倍がレバレッジの上限となっており、

1日1回の値洗いの際に、実質レバレッジが25倍を超えていると、

強制決済、または追証が発生します。

 

レバレッジ規制の導入が決まりそうになったときは、

FX業界をあげて反対の声を上げました。

しかし、FXの会社を離れてから冷静にレバレッジ規制の是非について考えることができるようになりました。

 

バイナリーオプションで現在12位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

まずは、レバレッジ規制があることによるデメリットを見ていきましょう。

 

必要となる証拠金額が多くなる

レバレッジ規制がスタートする前、多くのFX会社が200倍超のレバレッジを提供していました。

だいたい最低取引単位は1万通貨単位でしたので、

ドル円が100円とすると、必要な証拠金は5,000円ということになります。

証拠金額として5万円くらいを入金して、1万ドルを取引する方が非常に多かったです。

 

いまはレバレッジ上限が25倍となっています。

同じ1万ドルの取引には4万円もの証拠金が必要となります。

証拠金総額が5万円ではほとんどお話になりません。

必要な証拠金額が増えると、それだけ敷居が高くなることを意味します。

 

また必要な証拠金額が増えると、ロスカットされるまでの余裕が減少することになります。

ちょっとした相場変動でロスカットされて、取引が終了してしまうことになってしまうのです。

 

一攫千金が狙いにくい

レバレッジが高ければ、必要となる証拠金額が少なくて済みます。

取引の元手となる証拠金が小さく、レバレッジ効果が効くことにより、

信じられないくらい儲けてしまうことが可能でした。

FXオンラインにも50万円の証拠金をほんの短い期間で1000万円までに増やしている顧客がいました。

いまだと、レバレッジが25倍に規制されていますので、

そのような一攫千金の話が聞ける可能性は大きく減ってしまいました。

ただ株式投資などに比べると、引き続きレバレッジは高いので、

大きく儲けられる可能性は比較すると高いと思います。

 

FX会社の収益が減少する

レバレッジ規制が入ることによって、FXの取引量は大きく減少しました。

FXの取引量が減ると、FX会社の収益は減少することになります。

体力が少ない会社は撤退してしまうリスクが増えたのです。

つまりレバレッジ規制によって、より注意してFX会社を選択する必要が増えました

 

海外FX業者で取引する人が増えた

これはあえてデメリットのほうに入れました。

レバレッジ規制が始まってから明らかに海外のFX業者で取引しているケースが増えました

証拠金の保全方法に疑問があったり、

そもそも日本国外で取引することによって、

日本のFX会社からの収益が海外に移転し、

日本の税収が減る要因にもなっています。

 

デメリットはこれくらいだと思います。

ではレバレッジ規制のメリットについてみていきましょう。

 

退場者が減少する

レバレッジ規制が始まってから、感覚として以前ほどむちゃくちゃな取引をする人が減ったと思います。

200倍のレバレッジがあると、非常に少ない金額で取引を始めることができます。

なので、失ってもいいようなお金で一発勝負をかける人が非常に多かったです。

こういう人はうまくいくと、ものすごく勝ちますが、

ほとんどの人はあっという間に退場してしまうのです。

 

手許にデータは持っていませんが、レバレッジを高めれば高めるほど、破産者が増えるという調査を聞いたことがあります。

感覚的にしっくり来ます。

 

より勉強熱心な投資家が増えた

レバレッジ規制によって10,000ドルの取引には約4万円の証拠金が必要になりました。

以前の5,000円に比べるとずいぶん高く感じませんか?

なので、やけど覚悟の投資スタイルは以前よりかなり減少し、

より慎重に、より真剣に相場の勉強をする投資家が大きく増えたと思います。

皆さんのような賢明な投資家が増えると、FX投資自体のイメージが上がるので、素晴らしいと思っています。

 

投資の手法として完全に定着した

レバレッジ規制により、以前よりはリスクが抑えられました。

それにより、FXは投資のスタイルのひとつとして完全に定着したと思います。

以前は、一攫千金、あぶく銭のイメージが強かったのですが、

着実に資産形成を図る手段として認知されてきたと思います。

 

ちなみにバイナリーオプションは一攫千金、あぶく銭のイメージですよね。

 

皆さんはどうお考えでしょうか?

ちなみにレバレッジ規制は法人で取引することによって、

日本でも合法的に回避することはできます。

また記事にしていきますね。

 

ところで、レバレッジ規制によって必要な証拠金額が増えましたが、

取引単位を落とすことによってより少ない金額で投資することができます。

その筆頭格がSBI FXトレードです。

ここでは取引が1ドル(!)からできます。

1ドルの取引に必要な証拠金は4円です。

手数料もなく、スプレッドも0.1銭と非常に狭いので、

小銭で取引を慣れていくには一番いい会社だと思います。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 


関連記事

コメント

    • fxts
    • 2013年 3月 28日

    こんにちは

    ふだんの実効レバはそのくらいでぜんぜん構わないのですが、
    注文中証拠金が最大のネックだと思います

    1、どちらかに放たれる局面で両方にIFDを置けない
    (注文だけで2倍3倍の証拠金が必要
    2、利益を担保にした乗せができない
    (含み益をロスカットに充てればほぼリスク0の局面でも建てられない

      • cellboard
      • 2013年 3月 29日

      fxts様

      注文中証拠金ですよね・・・
      FXオンライン時代の取引システムは発注時には証拠金は必要なかったので、
      両サイドにストップ注文を入れておくとかできたのですが、
      今は注文時に証拠金を拘束してしまう会社多いですよね。

      でも、含み益でポジションが取れないというほうですが、
      これはどこの会社ですか?
      含み益を含んだ有効証拠金でポジションに必要な証拠金額を計算している会社が多いのではないかと思いました。

      ちょっと読者のかたがたに情報収集をお願いしてみようかと思います。

      これからもよろしくお願いします。

    • 中嶌
    • 2013年 3月 28日

    レバレッヂやバイナリーオプションの規制の裏には政府・金融丁
    の心理の内を垣間見るような思いもするんですよね。
    あぶく銭を稼がせたくないといった思い等等。
    レバ等の規制をする事で勝てる者達しか生き残る事は出来ない。
    規制をするから海外の口座に流れてゆく事で新たなリスク
    を背負う事になったり、混乱を招いたりしている現実の大きな
    問題に直面していますよね。
    こんな事から政府・日銀のやる事にも強い反発を覚えます。
    真の問題解決にはなっていません。

    日本の金融丁に登録していない海外の口座を開設して日本人の
    担当者を介して行う事にも懸念を感じます。
    担当者が何者かは分からない等等。
    口座を開設する時にネット上の専用HPに電話番号と名前と
    生年月日をアフェリエイターが盛んに宣伝しているキプロス
    にあるバイナリーオプションの会社では入力するのみでした。
    個人情報を競馬やロト6予想会社(詐欺)に流されない保証
    もどこにもありませんからね。
    ちなみに、口座を開設したのみで入金はしてないし、今後する
    つもりもありません。

      • cellboard
      • 2013年 3月 29日

      中嶌様

      いつもありがとうございます。

      データはありませんけど、ギャンブルって相当に大きな市場です。
      なので、日本では政府が認めたものした公式には許されていない状況。

      もちろん、ギャンブル中毒者がたくさん生まれてしまうと、
      仕事意欲が減少してしまうので、社会的には損失です。
      なので、政府がコントロールしているとはいえると思います。

      一方で、ギャンブルはかならず胴元が儲かるので、
      そこを政府が抑えているというのも正しい側面です。

      金融商品は難しいところですが、
      前者の視点が強いとは思っています。
      あまりにも投機的になってしまうと、
      ギャンブル的になってしまい、
      投資家保護がされにくくなると。

      ただ色々な規制で海外に流れてしまうのは、
      日本にとっては損失なので、なかなか二兎は追えないということだと思います。

      これからもよろしくお願いします。

    • fxts
    • 2013年 3月 29日

    水野さま
    説明が足りなくすみません
    法人レバでしていることを個人レバでするとどんな不自由が出るかという視点でした
    資金8万円で1ロット5万円必要だと、1万円の含み益が出てかつトレイルで5千円損で済む状況になっていてもリスクなしでもう1ロット建てられないのは残念ですね

      • cellboard
      • 2013年 3月 30日

      fxts様

      誤解してしまってすみません。
      理解しました。

      IG証券はストップ注文をつけると必要な証拠金が減るという仕組みを持っていたのですが、
      レバレッジ規制によりやむなく廃止してしまいました。
      いい仕組みだとは思うのですが。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る