テクニカル分析の有用性について


FXの世界にかぎらず、株式取引においても議論されるのは、景気の動向や政治状況(や個別企業の収益性:株式投資の場合)を分析していかなくてはならないとするファンダメンタル分析派と、チャートの値動きを読み解くことで将来の値動きが予想できるとするテクニカル分析派のどちらが正しいかというものです。

この議論には答えはないのですが、どちらもある程度の基本的な知識を持っておくことは必要かと思います。

私はどちらかと言えばファンダメンタルズを重視するほうではありますが、テクニカル分析を否定するものではありません。ただ、テクニカル分析だけに頼りすぎるのは危険だと考えています。

ファンダメンタルズ分析とは?

金融市場の値動きを経済の状況で説明しようとします。ファンダメンタルズというのは英語で、基礎とか基盤という意味となります。経済の動向が基盤となって、市場がそれにふさわしいあるべき姿の価格に向かって動いていくと考えます。世の中でエコノミストやアナリスト(テクニカルアナリストという人たちは除く)と呼ばれるような人はファンダメンタルズ派と言って差し支えないでしょう。

例えば、エコノミストと呼ばれるような職業の人達は経済成長率や雇用情勢、物価動向などをウォッチしながら、株式、債券、外国為替市場などを予測していくのです。外国為替市場の分析を行うにはドル円であれば、日本だけではなくアメリカの景気動向も判断していく必要があります。外国為替取引は金利の影響も大きく受ける(株式市場には影響がないというわけではありませんが)ので、中央銀行、つまりアメリカであればFRB、日本であれば日本銀行の政策金利も予測していきます。

テクニカル分析とは?

金融市場の値動きは、「売りたい量」と「買いたい量」が均衡するように決まっていきます。売りたいと思う人が多ければ、価格は下がりますし、買いたい人が多ければ、上がるだけです。過去の値動きをチャートで見ていくことによって、将来の値動きも予測できると考えるのがテクニカル分析を信奉する人たちの意見です。

私の個人的な感覚値では、FXの投資家は過半数はかなりテクニカル分析に頼っている感じがしています。

テクニカル分析は数多くの種類があり、統計学的に値動きを捉えようとするものから、過去よく当てはまっているからという理由で説明されるものまであります。テクニカル分析で示唆する売買サインがうまくいかないケースというのも発生してしまいますが、テクニカル分析派の人は「ダマシ」と呼びます。

テクニカル分析は注目している人が多ければ多いほど、その有用性が増すとも考えられますが、過去に渡って利益を出し続けられるようなテクニカル分析手法はありません(あったらみんな大金持ちですね)。とはいえ相場の流れを追いかけていくに当たり、テクニカル分析はずいぶんと助けにもなるでしょう。

当ブログでは様々なテクニカル分析を紹介し、取引の一助になればと思っています。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は


関連記事

コメント

    • サンテ
    • 2014年 6月 01日

    テクニカルで判断しているトレーダーは多いと思いますよ。

    しかも短い足で判断する人が多い気がします。

    反転するのではないかと思って利食いしたら利食いが早かったり、含み損に怖くなって損切りしたら反転したりいろいろありますね。

    余裕を持った方が失敗が少ないです。

      • cellboard
      • 2014年 6月 02日

      サンテ様

      テクニカルにかぎらず、何でも余裕を持っていないと失敗する可能性が高くなってしまいますよね。
      利食いが早い、損切り後の反転は永遠のテーマですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る