年末はもうすぐ、FXの税金で考えるべきこと


2012年もあと1週間余り。

海外はクリスマスモードになっているので、外国為替の取引は休暇を取っているトレーダーが多く、世界的に薄くなって来ています。

皆さんの今年の取引はいかがだったでしょうか?
是非この週末にでも1月からの通算損益を計算してみてはいかがでしょうか?

 

通算損益が残念ながらマイナス

クリスマスの前後は外国為替市場参加者が少ないので、極端に値動きがなくなるか、もしくは少しのサイズで大きく動いてしまうことがあります。無理に損を取り返そうとはすると、思わぬ値動きにカウンターパンチを食らうかもしれませんので、ご注意ください。

このような時期に私がお薦めしたいことは今年のすべての取引を振り返ることです。

損失を出したトレードの平均損失額と回数、
利益を出したトレードの平均利益額と回数を比べてみましょう。

たいていの人は平均損失額>平均利益額となっているのではないでしょうか?

自分の取引の傾向を見てみることで、思わぬ癖が見つかるかもしれません。

ある一つの取引のせいでマイナスになってしまっているかもしれません。

 

あと、確定申告をすることによってFXから出た損失を3年間まで繰り延べすることが出来ますので、心の準備をしておきましょう。

 

通算損益は若干のプラス(20万円以下)

儲けたっていいですよね。このままプラスで今年を締めくくってください。

でも、もしあなたがサラリーマンであるならば、ここからのポジションの精算は注意が必要です。

サラリーマンで給与所得以外の所得が総額20万円を超えると確定申告の義務が発生します。

慎重に取引を行い、利益が20万円以内に収まるようにしましょう。

利益が19万円では税金を納める義務はありませんが、

21万円であれば、20%税金に納める義務があり、お国のために有効活用されます。

どちらを選びますか?

 

どうしても相場観からポジションを手仕舞いたくて、利益が20万円を超えてしまいそうなときは、苦肉の策ですが、両建てをしてしまいましょう。

ポジションの両建ては清算にはなりませんので、確定申告の義務を免れることが出来ます。年明けに両方のポジションとも清算してしまいましょう。スプレッド分、スワップポイントの差額分は損してしまいますが、多分税金の金額の方が大きいことになると思います。

 

通算損益が大幅プラス(20万円以上)

素晴らしい。おめでとうございます。

是非、取引が成功したコツを聞かせてください。

もし利益金額が21万円くらいであるならば、1万円くらい損失を出して、確定申告を避けるのもいいでしょう。100万円以上儲かっているのであれば、何も言うことはありません。

 

ほとんどの方は年が明けてから通算損益の計算を始めますが、あらかじめ計算しておけば、無駄な税金を払うことを避けることが出来るのです。ぜひ、チェックしてみましょう。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る