SBI FXトレードの取引量は業界何位くらいなのか?


SBI FXトレードは2012年5月に営業を開始しました。非常に狭いスプレッドで既存のFX会社に勝負を掛けていますが、実際のところ、彼らの取引量はどれくらいまで伸びてきているのでしょうか?

SBI FXトレードはSBIリクイディティマーケッツの100%子会社で、SBIホールディングスの孫会社になります。SBIホールディングスは上場しているので、決算発表のたびにグループ企業の主な業績推移を発表しています。

もうすぐ、2013年1月~3月の業績及び通年の業績が発表されると思いますが、現在公表済みの2012年10月~12月、第3四半期の決算説明資料にSBI FXトレードの実績について記載されていました。それによると2012年11月、12月の取引高順位は店頭FX業者51社のうち、11位まで躍進してきたそうです。

sbifxtrade

スプレッドが狭い=1回の取引から上がってくる会社の収益が少ない、という公式が成り立ちますので、安定してSBI FXトレードが収益を上げていくためにはかなりの取引量が必要となります。

アベノミクス効果があったにせよ、順調に取引量は成長しているようですね。相対的な取引量ランキングで順位を上げているのが何よりの証拠です。風の噂ではすでに取引量ランキング的には五本の指に入るところまで成長してきているようです。3月までの決算発表が楽しみです。

当ブログはSBI FXトレード押し。さて、どれくらいの順位まであがってくるのでしょうか?


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 6月 20日

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る