「SBI FXトレードが選ばれる7つの理由!」というコンテンツが本家に登場


このブログの記事の中で最も検索経由でのアクセスが多いのは、「SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由」です。

スプレッドは0.1銭から0.27銭に拡大させたとはいえ、業界最低水準を突っ走り、他のFX業者は1,000通貨単位や10,000通貨単位が最低取引単位がほとんどだというのに、1通貨単位で取引できて、380もの銀行からのクイック入金が可能というのは、やはりSBI FXトレードがサービスとしてずば抜けていると思います。

また、私がFX業者を選ぶために一番重要だと考えている業者の体力も、SBIグループの100%出資会社であるということも万全といえるでしょう。今でも数多くのFX業者が覇を争っていますが、私はやはりSBI FXトレードが一押しであることに変わりはありません。

さて、ブログのネタ集めのためにSBI FXトレードのホームページを見に行ったところ、なんだか聞いたようなタイトルのコンテンツが登場していました。

7つの理由

なんとまぁ、パクリほとんど同じタイトルですね。

SBI FXトレード本家が考える4番目の理由は「小数点4位の取引ができること」だそうですが、個人的には小数点4位まで表示されていると、正直わかりにくさを感じることもあります。私がFX業界に入った頃は、小数点2位まで1銭単位の取引でしたので、ちょっと目が慣れていないだけかもしれませんが。(年かな?)

本家SBI FXトレードと私では選んだ理由は少し違いはありますが、この会社が一押しであることは何度も強調しておきましょう。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は

追伸:
4月16日にSBI証券の元社長だった井土さんが57歳の若さで亡くなられたそうです。私はお会いしたことのない方ですが、名前はよく聞く方でした。謹んで哀悼の意を捧げます。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る