祝!マネーパートナーズグループ東証一部指定替え


5月28日にいままで東京証券取引所市場第二部で取引されていたマネーパートナーズグループですが、東証一部に昇格することが決まったそうです。

FXオンライン・ジャパン(現IG証券)も2006年くらいから上場を視野に入れて活動していたのですが、FX専業で上場一番乗りを果たしのたが、マネーパートナーズでした。

当時は、FXオンラインをはじめとしてFX会社の収益性も非常に高く、FX業界は上場を目指している会社が多かったはずです。そのときのマネパの時価総額は650億円くらいでしょうか?まだまだいけると感じた私はマネパの株を思わず買ってしまいました。これが判断の誤り。

そこから相次ぐ参入による競争激化や、思わぬ金融庁によるレバレッジ規制によって、FX会社の収益力は大きく落ち込んでしまったのでした。いま、ちょっと株価が戻ったとはいえ、買ったときの半値くらいです。ほかの保有株や投資信託はほとんどが大幅な含み益になっているのに・・・。

そんな中ですが、東証一部への変更が認められたのは大きいですね。昨日は株価が8%くらい上がっていましたが、東証一部に上場すると、TOPIXの構成銘柄になるため、TOPIXに連動するインデックスファンドがどうしても買いにくるので上がったんですね。

いつマネパ株を売るかは思案中ですが、FX専業の上場企業としてこれからも先頭を歩んで欲しいなぁとは思います。マネーパートナーズ頑張れ、とりあえず株価回復乞う!


関連記事

コメント

    • サンテ
    • 2013年 5月 22日

    マネパ株買っているんですね。
    競争が激化しましたからね・・・

    チャートで注文出来たり、ポジションが表示されたりして便利だったので、チャートから新規注文をして、決済は決済注文からしていました。
    その時は自分でも気付かずに決済するつもりが無かった含み損が大きいポジションを含み益のある他のポジションと一緒に決済してしまったようでした。
    自分では決済するつもりが無いポジションが決済されていたので、FXONLINEに電話して担当者から話を聞きましたが、納得できなかったのでシステムに詳しい人に代わってもらえるように頼んだところ、水野さんという部長さんが電話応対に出られました。その時にやさしそうな人だと感じました。5~6年前のことですが、印象に残りましたね。

      • cellboard
      • 2013年 5月 23日

      サンテ様

      お恥ずかしい。
      たぶん「操作間違いでしょう」みたいな対応をしていたような気がします。

      心優しいコメントいただきましてありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る