蟹瀬さんのIG証券インタビューはしっかり読める


さて、昨日の記事ではフォレックス・マグネイトのインタビューがへぼと書きましたが、今日取り上げるのは、国際ジャーナリスト蟹瀬誠一さんによるIG証券小池社長へのインタビューです。

このインタビューは日経ビジネスのオンライン版に掲載されています。注意が必要なのは、これは日経ビジネスの記者が普通に取材したものではなく、IG証券が広告費を払って書いてもらっている記事体広告だということ。書いてあることは中立性が保てていないことには注意してください。

とは言いつつ、インタビュアーは蟹瀬さん。蟹瀬さんって外為どっとこむとの関係が強いイメージがありましたが、それは私だけかな?

全部で6回くらいに渡る大型インタビュー企画ですが、まず一回目では小池社長のこれまでの経歴に迫っています。新卒で日本証券業協会に入るという変わった選択肢から、NASDAQ Japanの設立、クレディスイス、トレイダーズ証券、そしてなぜか宝石の販売をしたことあるという謎の経歴は、結構面白いです。

フォレックス・マグネイトとの意味不明のインタビューより100倍面白く、今後を期待させる内容になっています。

ちなみに私は小池社長には一度だけしかお目にかかったことがありません。当時はCMCの社長をやっておられたときですので、詳しい経歴などは初めて知りました。

IG証券はCFD世界No.1プロバイダーです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る