GMOクリック証券のFXneoで初心者が絶対注意しなくてはならないたった一つのポイント


GMOクリック証券のFX取引量は2年連続で世界一となっています(フォレックス・マグネイト調べ)。ここまで取引量を集めているのは、アグレッシブなスプレッド設定と使いやすい取引システム(はっちゅう君)によるところが大きかったです。利益も積み重ねて、中堅FX業者では追いつけないほどのマーケティング活動により確固とした座を築いています。

充分に利益を出し、FXの口座数、取引量ともに文句のつけようがないGMOクリック証券ですが、私は安心しておすすめできない大きな理由が一つあります。

それはFXの取引にかかる手数料です。今ではくりっく365以外で手数料がかかるイメージを持つ人はほとんどいないと思いますが、GMOクリック証券のFX取引には見えにくいところで手数料が掛かります。しかもパッと見でホームページからの情報ではそれがわかりにくくなっています。以下の様な説明がホームページにされています。

commission

実際GMOクリック証券のFXネオではどのような手数料がかかるのでしょうか?

*1自動ロスカット発生時、追加証拠金制度による強制決済執行時のみ1万通貨単位あたり500円。但し、南アフリカランドは、10万通貨単位あたり500円。

自動ロスカット時に1万通貨に対して500円の手数料がかかってしまいます。私のイメージでは、FX取引の経験値が低い人ほど、自動ロスカットを食らいやすい傾向にあります。初心者の方は、どの程度相場が動くと自動ロスカットになってしまうか分からないケースが多かったり、相場を見ていない時間帯にどれくらいのリスクを持っているかを気付かないことが多いのです。

自動ロスカットになってしまうということは、ほとんど証拠金が残らない状態になっているということです。そこに追い打ち的に1万通貨単位あたり500円も徴収してしまうやり方は私はあまり好きではありません。しかも明記しているならともかく、※印だけではいかにも小さすぎます。

ただ人気があるFX業者で取引したいとか、評判のいい取引システムを使いたい、バイナリーオプションを取引したい、現物株などでも取引しているなどの理由でGMOクリック証券を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。GMOクリック証券のアコギな自動ロスカット手数料を避ける方法は、自動ロスカットをされないことにつきます。

特にFX初心者が自動ロスカットされないために有効な方法は3つ。

1つは取引画面を離れる際には必ずポジションを決済してしまうこと。FXは月曜日から土曜日の朝まで24時間取引ができるので、見ていない時間帯に自動ロスカットを食らってしまうリスクがあります。見てない時間帯に相場が反対方向に行ってもポジションを減らすとか、入金するといった対応ができないため、見てない時は相場をはらないというのが簡単なリスク管理です。

2つ目は、保有しているポジションにストップ注文を必ずつけること。そうすれば、自動ロスカットが発生する前に自分の設定したストップ注文が発動するので、余計な500円を失わずに済みます。勿論、ストップ注文が遠すぎると先に自動ロスカットが入ってしまうので注意が必要です。

最後は、リスクコントロールしやすい低いレバレッジで取引すること。FXは25倍までのレバレッジを掛けることができますが、実質レバレッジは25倍までかけるのはリスクを取り過ぎです。レバレッジを押さえるということは、証拠金を多めに入れていくということです。例えば1ドル=110円だとして1万通貨の取引をすることは、110万円分の取引をしていることになります。例えば、証拠金額として22万円を入金していたとしたら、実質レバレッジは

110万÷22万=5倍

となります。

このドル円の1万通貨の取引で自動ロスカットが発生するレートはざっくりと以下の計算で求めることができます。

110万÷25(レバレッジ倍率)=4.4万円

(22万-4.4万円)÷1万通貨単位=17.6円

つまり17.6円、円高または円安が進んでしまうと自動ロスカットが入ることになります(ここではスワップポイントを加味していません)。これくらいリスクを抑えて取引すれば、自動ロスカットになってしまう前に、さすがに気付きますよね。

GMOクリック証券のFX口座開設はこちら

GMOクリック証券のその他の記事はこちら

GMOクリック証券のFXネオで取引する際は自動ロスカットに注意しながら、慎重にお取引を!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る