阿鼻叫喚!システムダウンの裏側


私がFXオンライン・ジャパン(いまのIG証券)に勤めていた頃に、

私の操作ミスがシステムダウンをさせたしまった話を以前にしました。

今思い出しても心臓がバクバクしますが。

 

それ以外にもシステムダウンは大きなものから小さなものまでたくさん経験してきました。

FX会社の中ではシステムダウンが起きてしまったときにどんなことをしているかをお話したいと思います。

 

為替日記で現在14位。応援お願いします。
にほんブログ村

私がFXオンライン・ジャパンに勤めていた頃はしょっちゅう見ていたサイトがあります。

それは・・・

 

2ちゃんねるでした。

それは、匿名ながらも色々なお客さんの声を聞くことができたからです。

 

ことに役立つのが、システムダウン発生のときです。

会社にいればシステムが重く感じられ、急に電話がたくさん鳴るので、

システムダウンはすぐに分かるのですが、

帰宅後は2ちゃんねるを見ていると、急に書き込みが他社よりも増えるので、システムダウンを知ることができました。

 

お客様対応の責任者をやっていたときは、

夜中であっても5分以上システムが止まった場合は携帯に電話をもらうことにしていました。

そして10分以上止まった場合は会社に駆けつけることにしていました。

 

会社にいるときにシステムが落ちるとどうなるか?

10回線あった電話がいきなりすべてなりだします。

顧客担当者は電話に張り付きます。

お客さんの口調は様々です。

いまシステム止まっていますか?

急にログアウトされちゃったんですけど?

システム落ちた?

システムに入れないじゃん。いつ復旧する?

いまポジションを決裁しようとしたときに落ちたよ。どうするんだ?

保証しろ、バカヤロウ。

早く復旧させろ!金融庁に通報するぞ!

どの会社もシステムダウンは保証しないと約款にうたっています。

なので、こちらの回答はほとんど同じで、非常に心苦しい思いをします。

申し訳ございません。

いま全力で原因究明と復旧作業に当たっております。

いつ復旧するかはまだ分かりません。

ホームページで原因は報告いたします。

電話注文は承りかねます。

 

私は、可能であればシステムダウン前のお客さんのポジション状況などをチェックし、

その後の相場の動きから復旧した際にどの注文を成立させるのかを確認します。

でも、結局システムが戻らないと何もできないので、

アメリカのエンジニアをまだかまだかとプッシュします。

 

システムが戻ると、急にレートが飛んで取引がスタートするので、

お客さんはびっくりします。

その後すぐに、成立させるべき注文を手で成立させる作業をします。

 

そして最後は金融庁への報告です。

第一報という形でシステムダウンした事実を報告し、

後日、原因と再発防止策を策定して報告します。

 

システムダウン自体で金融庁に怒られることはありませんが、

金融庁検査が入った際に、過去にシステムダウンを起こした社内記録と金融庁報告の記録がチェックされたりします。

 

昔、外為オンラインが新日本通商という会社名だった頃、

システムダウンの報告漏れで金融庁の処分を受けたことがありましたね。

彼らはその直後に会社名自体を新日本通商から外為オンラインに変更してたのは上手というかずるがしこいというか。

また大手オンライン証券は軒並み取引システムの度重なるシステムダウンについて金融庁から処分を受けたことがありました。

 

なので、まっとうな会社は金融庁にすべてのシステムダウンを報告しています。

金融庁はあまりにシステム障害報告が多い会社は目をつけているかもしれません。

 

ちなみにFXオンライン・ジャパンはイギリスのIGグループに買収されて、取引システムを変更しました。

それにより以前に比べて格段に重大なシステム障害の頻度が落ちたと思います。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリックお願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ


関連記事

コメント

    • ハヤシ
    • 2013年 2月 17日

    今日、初めて水野さんの事をしりました。最近、FXをやり始めて勉強中です。水野さんの地元で働いています。日野病院の近くです。応援してますので頑張って下さい。

      • cellboard
      • 2013年 2月 17日

      ハヤシ様

      応援ありがとうございます。
      私の祖父母が内池に住んでいました。昔は夏休みごとに近江鉄道に乗って帰省していました。懐かしいです。

      もし、何か知りたいこと、分からないことがありましたら、なんでもお知らせください。
      分かりやすさを心掛けて説明させていただきますね。

      これからもよろしくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る