某大手FX会社に対する処分の噂


最近、少し気になる噂を耳にしました。それは、某大手FX会社に対する処分があるのではないかというものです。

FX会社に限らず、銀行や証券会社など金融商品取引法に基づいて営業している会社は、定期的に金融庁による検査が行われています。法律などによって様々なルールが決められていますが、検査ではルールをしっかりと守っているかどうかをチェックしてくるのです。

まだまだFX会社は数が多いので、検査もそんなに頻繁に来ているというわけではありませんが、前回の検査から2年以上経ってくると、いつ来てもおかしくないという状態になります。ちなみにほとんどの場合、検査は予告なしに抜き打ちでやってきます。

検査にかかる日数は会社の規模によって異なります。ただ、検査に入っていることは公表されているので、規模の割に検査期間が長くなってくると、「あれ?ちょっと怪しいんじゃないの?」と疑念を呼び起こすことになります。まぁ、どんなに真面目に運営しているFX会社だって、一つ、二つくらいは何かしら指摘を受けることがあるものです。別に処分を受けるほどではなくても、公表されていないところでは金融庁との駆け引きというのが発生しているのです。きっと税務調査などと同じで、小さなお土産を渡して、いいお付き合いをさせていただくといった感覚です。

私自身は公表されるような処分を受けてしまうような金融庁検査を今まで経験したことはありませんが、今回耳にしたのはそのような大きな処分になってもおかしくはない話。しかしながら、金融庁検査に基づく処分というのは証券取引等監視委員会が処分を勧告するまでは公表されませんので、真実かどうかは全く分かりません。確かめようもありません。

私が耳にしたのは、2012年にFXCMジャパン証券が受けたのと同じようなものになるという噂。気になるのは、それがどのFX会社かですよね。さすがに本当か嘘かがはっきりしないので、公表は控えます。ちなみに、上場している会社ではありません。上場している会社だったら、風説の流布とか言われてしまいそうですよね。処分がなければ、公表もされないので、この案件は消えてなくなったということになります。

ちょっと奥歯に物が挟まった記事になってしまいましたが、また何らかの処分が公表されるようなことがあれば、このブログでも解説したいなとは思っています。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る