私が投資系の情報商材を信用していない理由


昨日、与沢翼氏が海外FXで詐欺にあった話をお伝えしましたが、たくさんのアクセスを頂きました。記事の最後に、私が投資系の情報商材を信用していないということを書きましたが、その理由もお伝えするべきだと思いました。

まず、この記事を書くにあたっての前提となりますが、私自身が投資系の情報商材を購入したことはありません。ですから、偏見が入っていたり、誤った解釈をしている可能性もありますが、その前提でお読みいただければと思います。

1つ目の理由は、過去の取引による利益の実績をいくら示しても、それが将来の利益を保証するものではないということ。もちろん投資戦略の中には、過去の成績は大変良いものもあると思います。戦略に基づいて、過去の値動きでどれくらい稼げてたのかをチェックすることをバックテストといいますが、バックテストでうまく行ってても、将来うまくいくとは限らないのです。

2つ目の理由は、投資戦略を助言なりしていくのに、投資助言業としての登録が必要ではないかと思われること。金融商品取引法に基づいて、金融市場の投資についてのアドバイスを行っていくためには、必要と思われる投資助言業の登録ですが、情報商材の販売屋さんはまずもって持っていないと思います。

最後に、インフォプレナーなどと呼ばれる情報商材屋さんの気質について。彼らが全員当てはまるわけではありませんが、どんなものでも、売れるものを高い値段で売って儲けたいという欲求のもとに情報商材を作成しているように見受けられます。勿論、お金儲けは悪いことではないですが、情報商材屋さんはマーケティングは非常に上手ですので、お金に見合った情報を提供しなくても売れてしまうのが現状です。ですから、失敗したなぁと思う購入者が量産されてしまうのです。ということで、私は投資系の情報商材を基本的に信じていないのです。

もし、具体的に素晴らしい情報商材を購入したことがあるという経験がありましたら、是非シェアしてください。よろしくお願いします。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は


関連記事

コメント

  1. 水野さん
    はじめまして。

    今日の記事も興味深く読ませていただきました。

    情報商材はいくつか買ってきました。

    その中で「FXデイトレード30分ブレイクアウト法」は印象に残っています

    2008年に購入したのですが、当時はテクニカルを勉強しないと相場には勝てないと

    毎日、何時間も勉強していました。

    ところがこの教材の手法は至ってシンプルなのです

    この時、いくらテクニカルを学んでもトレードの精度は上がらないと感じました。

    それからはチャートの見方が全く変わりました

    検証レビューでは色々書かれていますが

    私が最も影響を受けた教材です。

      • cellboard
      • 2014年 9月 28日

      nowave7様

      コメントの返信が遅くなりまして失礼いたしました。
      情報ありがとうございます。

      6年前の情報商材が一番影響を与えたというのはすごいですね。
      ひょっとしたら、最近の情報商材のほうが昔と比べて室が落ちているということはあるかもしれません。

      これからもよろしくお願いします。

    • ブックマーク
    • 2014年 5月 05日

    情報商材には糞がたくさんります
    初心者はついあんなゴミに騙されてしまいやすいのですね
    もう本当に腹立つけど、どうしようもない。

      • cellboard
      • 2014年 5月 06日

      ブックマーク様

      コメントありがとうございます。
      情報商材の中にも、「いい」ものもあるかもしれませんが、
      それを見抜く能力も磨かなくてはならないと思います。
      その時間があるなら、相場に向かい合ったほうがいいような気がします。

      これからも宜しくお願い致します。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る