信託保全と分別管理は全然違う! キプロスのブローカーは大丈夫か?


引き続き、かなり怪しい雲行きのキプロスのFX、バイナリー業者についてです。何度も繰り返します。キプロスのFX、バイナリー業者の口座は開設はしないで下さい。また既に証拠金を送っている人はこれ以上の取引を停止し、出金のすべを探ってください。

記事を書くのを目的として、キプロスの業者のウェブサイトをいくつか回ってみてみたのですが、気になる表現があったので、これまた注意喚起しておきます。それは、ある業者のホームページにあったこんな画像のメッセージ。

cyprus segregation

ん?と思ったのです。

いまは日本のFX会社は投資家の証拠金については、すべて信託保全が義務付けられていることはご存知だと思います。しかし、100%信託保全が義務付けられる前から、法律では投資家資金の分別管理は法律上で義務付けられていました。

分別管理とはFX会社が会社運営上のキャッシュと、投資家から預かっている証拠金は分けて、別口座で管理しなさいよということです。簡単に言えば、従業員の給料をお客さんの証拠金から払っちゃいけないよと。当たり前の話です。

では、信託保全とは何が違うのでしょうか?私は日本の法律上の話しか知りませんが、その違いはFX会社が倒産したときに大きく違います。

会社が倒産すると、その会社に対して資金を貸し付けていた色々な会社などが債権者集会を開きます。管財人といった人が会社の現金かできるすべての資産を洗い出して、債権者、つまりお金を貸していた人たちにどう配分するかを決めます。

信託保全義務改善の分別管理だけの時代では、お客さんの証拠金といえども、FX会社が破綻してしまったら、投資家も一債権者としてしか振舞うことができないのです。という訳で、証拠金の弁済率、戻ってくる割合は下手したら、30%以下なんてこともありえたのです。

すべての顧客の資金は主要投資適格銀行に預託されています

UBS(スイスの大手銀行)やBNPパリバ(フランスの大手銀行)の名前が挙げられていますが、私の推測では、UBSとかBNPパリバとかって単なるカバー先で、確かに証拠金は顧客証拠金として、分別管理はされているけど、このFX業者がもし破綻したら、全額が戻ってこないリスクって相当あるのではないかと。

もちろん、私はキプロスの法律は知りませんし、この業者がどうやっているかは分かりません。しかし、なんというか嫌な雰囲気がするんですよね。

顧客資金は100%保証されています

この表現は完全信託保全の記事で書きましたけど、嫌い。どうせ日本語訳した人は、日本の規制なんて気にしていないんでしょうけど。ということで、キプロスの業者が分別管理してても、経営破たんしたら、戻ってこないリスクって結構あるんですよってお話でした。

バイナリーオプションはIG証券をお勧めします。


関連記事

コメント

    • 中嶌
    • 2013年 3月 21日

    色んな人達のブログでは24オプションのアフェリエイト
    が盛んだけど、こんな時には現状どういう状態にあるのか
    報告もしない人達ですね。
    信じられません。
    まあその程度であるって事ですね。
    自分は色んな事について楽観的ではなく、まず頭っから
    疑ってかかるので反発は多いです。
    常に葛藤していると疲れますー。
    笑って誤魔化したいであります……

      • cellboard
      • 2013年 3月 22日

      中嶌様

      正義感にあふれる性格でいらっしゃるんですね。
      相場に向かい合うときはそういう雑事を忘れて没頭できた方がいいですね。

    • fxts
    • 2013年 3月 23日

    いつも楽しく拝見しております

    ストップロス狩りのような中の人から見た理由などは勉強とか努力では手に入らない情報なのでとくに貴重だと思っております

    一点お伺いしたいです

    NYクローズなどに紛れて高値安値を刈る足が出た際に、1時間足では付けているけど15分足では付けていないということがあります。この場合業者側ではどういう操作をしているのでしょうか

      • cellboard
      • 2013年 3月 24日

      fxts様

      コメントありがとうございます。
      ご質問のニューヨーククローズ間際に1時間足ではついているが、15分足ではついていないというのはどのような状態でしょう?
      どの業者でしょうか?
      もしスクリーンキャプチャを拝見できるとなんか分析ができるかもしれません。
      mail☆fx-no-kotsu.com (☆を@に変えてください)にメールいただけると助かります。

      これからもよろしくお願いします。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る