バイナリーオプションはバクチなのか?


先日の【歯ぎしり】海外のFX、バイナリー業者についての記事に関して、

通りすがり様から面白い書き込みを頂きました。

 

その書き込みについての回答をする前に、

根本的な疑問というか矛盾にぶち当たりましたので、

そのことを記事にしようと思います。

 

それは・・・

バイナリーオプションはバクチなのか金融商品なのか?

ということです。

 

為替日記で現在15位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

このような問いかけは自分がFX会社に勤めていたときは口が避けてもできませんでした。

その立場からフリーになるっていいなぁ!!!

 

コホン、失礼しました。

 

FXが金融先物法でしっかりと定義付けされるまでは、法律で決められていないサービスでした。

金融商品でもなかったわけです。

同じことは商品CFDでも起きていました。

金や原油を取引するCFDは旧商品取引所法が改正されて商品先物取引法になるまでは、

法律の条文には規定されていないサービスでした。

つまり、誰がやってもいいし、レバレッジ規制はもちろんないし、信託保全もないしという状態でした。

 

FXは法律施行以前は、資金の持ち逃げなどの違法業者がたくさんいました。

電話取引で適当なレートで取引をしていたケースなども有り、

私の記憶では、レートがインターバンク市場とかけ離れているかなんかである詐欺的業者の提供していたFXが賭博罪だかに問われたケースがあったように思います。

 

日本では非常にギャンブルは厳しく規制されています。

主な理由は公営ギャンブル、宝くじの売上を増やすためであろうと考えてはいます。

では、金融商品はギャンブルではないのでしょうか?

私はFX会社に勤めていたときから内心ではこう思っていました。

金融商品はすべて、つまりFXやバイナリーオプションは合法的なギャンブルである、と。

あ~、言っちゃった。

 

もちろん金融商品取引業者に勤めている人は、金融商品取引と賭博の間に明確に線を引いています

例えば、口座開設の審査をしっかりしたり、

相場についての情報をしっかり提供したり、

バイナリーの自主規制のように(もちろん金融庁主導ではあるでしょうが)短期的な取引や単純なハイローの取引をやめようとしたりしています。

 

金融商品取引と賭博は非常に似ているので、

バイナリーオプションを日本で初めてスタートさせたあとに、

私は単純なハイロー型の胴元と勝負する形のバイナリーオプションが急速に広まったことを常に懸念していました

ギャンブル性が高いと、当然投資家を集めやすいですし、

金融庁が目をつける可能性も高まります。

結局、自主規制に進んでいくことになりました。

 

ちなみにバイナリーオプションを日本で提供している会社は、

バイナリーオプションを金融商品取引法第2条の22に規定されていると定義付けています。

もちろん法解釈という議論は残っていますが、

金融庁も金融先物取引業協会もバイナリーオプションは金融商品であり、

FXのバイナリーについては、金商業者としての登録なしでは提供できないという解釈をしているのは間違いないです。

 

金融庁が登録を必要と解釈していることは、

海外バイナリー業者に警告を発出していることで分かります。

 

取り留めなくなってスミマセン。

私はIG証券のバイナリーオプションしか詳しく知りませんが、

金融商品として、短期的なヘッジ、相場の上下にとらわれない取引、ボラティリティを取引できるなどのメリットがあると信じています。

このバナーを通じて口座開設し、入金までしていただくと私のサーバー管理費用がまかなえます。

 

金融庁の検査のこと、信託保全のことなどについてはまた記事にしますね。

これからもバリバリコメントお願いします!

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 


関連記事

コメント

    • 中嶌
    • 2013年 3月 14日

    通りすがりさんのコメントの中に、バイナリーオプション
    は登録の必要がない。
    という一節には面くらいました!!!
    ズレてる、遅れているよ貴方(怒らないでね…)

    水野さんも仕事で過労な中、 ブログアップご苦労様です。
    必ず応援クリックしておきます。
    ご無理をされない程度に頑張って下さい。

      • cellboard
      • 2013年 3月 15日

      中嶌様

      いつも応援ありがとうございます。

      個人的には色々な意見を下さるのはありがたいと思っています。
      読者の方の声はいつでも大歓迎です。

      これからもよろしくお願いいたします。

    • 旅人
    • 2013年 3月 16日

    自作自演たいへんですね

      • cellboard
      • 2013年 3月 16日

      旅人様

      コメントありがとうございます。
      自作自演ではありませんが、これからもどうぞコメントをよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る