【歯ぎしり】海外のFX、バイナリー業者について


バイナリー業者より、キプロスからのメール!?

昨日、本ブログのポリシーとして、信頼できると私が考えるFX会社のみ紹介するという話をしました。そんな中、海外のバイナリー業者からメールをもらいましたので、共有させていただきます。

その海外バイナリー業者のメールには、このブログでやっぱりアフィリエイトして欲しいとのことでした。業者の所在地は最近よく聞くキプロス。日本人からのメールでしたし、東京の電話番号も設置されていました。ということは東京にオフィスを構えているのかもしれません。

当たり前ながら、金融商品取引法に基づく登録等は確認できません。建前上の法律では日本の居住者(日本に住んでいる人)に対して、金融商品(FXやバイナリーオプションも含まれます)を勧誘する際は、金融商品取引業者としての登録が必要です。金商業者は金融庁から検査を受けることがありますし、法律に基づいた会社経営がされていなければ、処分をすることがあります。また無登録で営業している会社に対する処分も法律上可能です。

しかし、このような海外FX、バイナリー業者は海外の金融当局には登録しているかもしれませんが、日本の金商法に基づいて営業していません。だから、FXのレバレッジ規制もなく、クレジットカードで入出金できたりするのです。

日本の金融庁はこのような業者に対する処分をすることが可能なのですが、実質的に日本に拠点がない業者に対する調査、処分は不可能です。金融庁ができることは無登録業者の存在を公表することだけ。

ただ私の法律解釈が間違っていなければ、日本の投資家が無登録業者と取引すること自体は法律違反ではないと思います。ギャンブルの場合は、賭場開帳も参加することも違法ですが、海外業者との取引は自己責任の一言に尽きます。

FX業者にいた立場からすれば、レバレッジ規制の際に海外に一部取引が流れてしまったことに歯ぎしりする思いでした。でも、投資家に対しては自己責任でとしかいえませんので、このブログからは注意喚起だけにとどめておきます。

海外業者と日本の登録業者の主な違い

海外業者にはFXやCFDのレバレッジ規制はありません

現在FXのレバレッジは25倍が上限となっています。(ただし法人口座は適用外)海外業者は100倍を超えるレバレッジを売りにするところもあります。初心者はレバレッジが高いとすぐに退場になりますので、取引に慣れた人以外はおススメできません。

海外業者は信託保全が義務付けられていません

私はキプロスなどの法律は知りません。日本では投資家から預かっている証拠金は含み損益を加味した上で、信託保全されています。万が一、FX会社が破綻した場合においても、投資家の資金はある程度保護されている仕組みといえます。

海外業者の開示は非常に甘いケースが多いです

海外業者は会社の情報開示が非常に少ないケースが見受けられます。インターネットと簡単なシステムでFXやバイナリーのビジネスは開始できるため、経営基盤が弱い業者がいる可能性も少なくないと思っています。

日本の場合は、FX会社のオフィスでは経営状態を詳しく記載した書類の閲覧が可能になっています。

私が海外業者をお勧めしないのは何度も書いている通り。ただ、皆さんが海外業者で取引することを否定はしませんが、上記のような点を注意しながらお取引することをお薦めします。

外為オプション

バイナリーオプションなら、国内発のGMOクリック証券はいかがでしょうか?


関連記事

コメント

    • まともな人
    • 2013年 3月 10日

    やっとまともな記事を書け、意見を述べる事のできるブログ管理人さんが登場しました。
    応援クリック2連発しておきます!!

    自動売買でのバイナリーオプション取引はクリック証券では禁止だけど海外の口座でやれば大丈夫でしょうか?
    私はノーだと思っています。
    いずれ発覚して業者の一方的な取り決めで口座凍結されたり、自ら取引を止めさせるような嫌がらせを受けるかもしれません。
    不本意な事をされても日本の金融丁に登録していなければ相談しても無理でしょう。
    ただ警告などは行ってもらえるとは思いますが。
    いずれにしろ海外口座を開くには個人的にはリスクありすぎだと思っています。

      • cellboard
      • 2013年 3月 12日

      まともな人様

      応援クリック有難うございます。

      最近は自動売買がはやっているんですね。
      業者側からの立場からすると、思わぬ負荷がかかって、システムダウンのリスクが高まってしまうので、
      結構厄介な存在だと思います。
      それはたぶん海外業者でも同じでは?

      でも金融庁が何の助けにもならないのは、私はすごく「怖い」と思います。

      勉強になりました。

  1. 私も全く同じ誘いを受けました。
    おそらく同じ業者だと思います。
    とてもじゃないけど紹介できるような感じじゃありませんでしたね。
    金を集めるだけ集めてドロンされても取り戻すのは不可能でしょうね。

      • cellboard
      • 2013年 3月 12日

      MONOLITH00様

      ありがとうございます。
      海外の業者については、2005年以前の法律で規制される前のFX業界にいた詐欺的業者のにおいがすごくするのです。
      まともな業者もいるかもしれませんが、こちらからは分かりえないですし。

      ところで、ファンドのディスクロージャーを作っていらしたんですね。
      私も最初に働いた会社が投信会社で、一番最初の研修がディスクロージャー部だったので、懐かしい話でした。

    • 通りすがり
    • 2013年 3月 12日

    1,バイナリーは今のところ金商業者の登録はいりません。まだ金融商品じゃないし。
    2.検査のこと、ちゃんと書かないとまずいよ。
    3,信託保全の考え方、ちょっと違うんじゃない?ほんとに含み損益加味して信託してた?

    書くのは勝手だけど、ちゃんとしたこと書かないと名前に傷がつきますよ?

      • cellboard
      • 2013年 3月 13日

      通りすがり様

      書き込みありがとうございます。
      返信は記事中にさせていただきますね。
      新しい気付きをありがとうございます。

    • 通りすがり
    • 2013年 3月 13日

    水野様
    さもすれば承認せずに揉み消せるようなコメントを出して頂き感謝致します。

    これからも辛辣な書き込みをするかと思いますが、お気に召さないようであればもみけしてくださいな。

      • cellboard
      • 2013年 3月 14日

      通りすがり様

      記事にさせていただきました。
      私の解釈は通りすがり様とは違いますが、大切なご意見だと思っています。

      これからも辛辣に言っちゃってください。

    • 中嶌
    • 2013年 3月 13日

    通りすがりさんのコメントの中に、
    “バイナリーは今のところ金商業者の登録はいりませんよ。
    まだ金融商品じゃないし。”
    ってどういう事ですかね?

    日本国内において海外業者がバイナリーのオプションの営業を行おうとするなら日本の金融丁に登録する必要があります。
    (日本の金融丁に登録すれば規制の対象になるでしょう)
    金融丁は無登録で金融取引業を行っている海外所在者に対する警告も
    行っているようです。
    下記のブログを参考までに読んでみて下さい。
    http://fxinspect.com/archives/5269

    過去には日本のFX業界でも資金の持ち逃げがあった話も聞くように、
    海外の無登録業者で取引した場合は何があっても自己責任という事
    に尽きるという事、そのとおりだと思います。

      • cellboard
      • 2013年 3月 14日

      中嶌様

      ありがとうございます。
      私も同様の解釈をしています。
      3月14日の記事をご確認ください。

      自己責任という言葉は都合がいいですが、まさにその通りです。
      私自身が安心して取引したいと思えない会社は紹介しないポリシーのままでいきたいと思っています。

      これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る