【キプロス業者最新ニュース】FXGMがリストラ


引き続き当ブログにはキプロス関係の検索キーワードでいらっしゃる方が多数。

メディアからのキプロス関係のニュースはちょっと落ち着いてきたところですが、

衝撃のニュースがForex Magnatesから入ってきました。

 

バイナリーオプションで現在12位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

それはこんな記事でした。

 

FXGMは、2006年に出来たキプロス当局の最初の登録会社で、bforexグループの一社だ。FXGMは、登録会社として、ヨーロッパ、アジア、中東の顧客へサービスを提供する、グループの重要な子会社だ。今回の余剰人員カットは、15~20人となった。

同社内の情報によると、CySECのコンプライアンスと既存顧客へのサービスの為に、キプロスの主要メンバーは留まるが、それも確かではない。本件に関するEmailやチャットによる質問に、昨日の午後から会社側からの返事は一切ない。会社の状況の詳細について尋ねたが、経営からのコメントもない。

 

この会社はキプロスのFX業者。

日本語のウェブサイトがありますので、日本人で口座を持っている人もいるのではないでしょうか?

その会社でリストラが始まったようです。

 

まだ投資家の証拠金がどうなっているという詳細のニュースはありませんが、

果たしてどうなることやら。

もし口座をお持ちの方がいらっしゃったら、

ちょっとすぐに出金依頼を掛けることをお勧めします。

 

仮に十分な資金があっても、

人手が足りなくて時間がかかることとかあり得るかも。

 

私はFXGM社だけに限らず、キプロス業者全体に懐疑的です。

 

やっぱり信頼性などを考えると国内業者でしょう。



当ブログのお勧めはSBI FXトレードです。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 

 

 

 


関連記事

コメント

    • サンテ
    • 2013年 4月 07日

    知らないですね。

    最近は雑誌読んでないですね。

      • cellboard
      • 2013年 4月 07日

      サンテ様

      ありがとうございます。
      FXGMっていかにもFXCMをパクってて、中々にふざけた名前ですよね。

      これからもよろしくお願いします。

    • FXGM日本デスク
    • 2013年 4月 22日

    こんにちは。FXGM日本デスクです。
    弊社に関する記事についてコメントさせて頂きます。
    この度のForexMagnatesへの掲載記事につきましては事実と相違している為、
    掲載されてから早期の段階で以下のように訂正されております。ただ、英文のみがすぐに訂正され、日本語の記事はそのままになっており、只今弊社のほうからForexMagnatesへ日本語も訂正するように問い合わせをしております。
    訂正後の英文記事の内容としましては:

    http://forexmagnates.com/fxgm-lets-english-desk-team-go-in-cyprus-restructures-global-sales-team/

    FXGMはビジネスを再編し、ヨーロッパ、アジアミドルイーストなどの国々にさらに力を入れるため、今までの英語デスク営業チーム(キプロスに拠点を置く)の数を大幅に削減する決定となった。
    FXGMはキプロスを拠点とした営業を運営継続する。
    FXGMのビジネスはいつものようにおこなわれており、(電話、チャット、電子メール、など)今までどおりのサービスを提供し続ける。
    キプロスの現在の銀行危機は、当社に影響を与えておらず、この度の件は当社のビジネス再編によるビジネス的決定であることを明確にしたいと思います。

    今回の件では、多くのお客様より、ご自身の資金のこと、弊社のことなど様々なお問い合わせを頂きました。お客様の資金はすべて分別管理されており、お客様個人の資金が課税の対象になることはございません。また出金なども滞りなく通常通りとなっております。

    弊社サポートとしましては、みなさまに大変ご心配をお掛けしておりますことお詫び申し上げます。

    FXGM
    日本デスク

      • cellboard
      • 2013年 4月 24日

      FXGM
      日本デスクご担当者様

      わざわざ当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。
      コメントがしばらくスパム扱いになっていて、存在に気付いておりませんでした。

      ForexMagnatesの記事の件、お知らせありがとうございます。
      当ブログにもキプロスの業者で取引している方がいらっしゃると思います。
      私個人としては信用力の問題からお勧めできないと判断していますが、
      是非、分別管理の詳細な情報、直近の財務諸表などの公表をお願いします。

      水野拝

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る