「FX スプレッド縮小競争再燃?」オージー円でのスプレッド競争


昨日の日経新聞に「FX スプレッド競争再燃? 取引量減少、歯止め狙う」という記事が載っていました。

外国為替証拠金(FX)取引業界で、実質的な手数料にあたるスプレッド(売値と買値の差)を縮小する動きがみられる。中でも人気の通貨ペアとされる「オーストラリア(豪)ドル・円」でサービスの提供が目立つ。スプレッドの縮小は今年に入って沈静化しつつあったが、顧客の取引意欲をかきたてるため11月に入って再び各社が動き出した。

はたして、オージー円は人気通貨ペアなのか見てみましょう。オージー円を取引したことはありますか?オーストラリアは、まだ金利がある国ですし、伝統的に高金利国としてFX投資家は円を売ってオーストラリアドルを買う取引が大好きです。日本金融先物取引業協会(通称金先協会)では、毎月店頭FX取引の毎月の状況を公表していますので、オージー円がどれくらい人気なのかを見てみましょう。金先協会のページから画像をいただきました。

10月はオージー円の取引は3番目に多かったようですね。ただこのデータを見ると、ドル円の取引の10分の1もないことが分かります。やはり主戦場はドル円だということですね。オージー円のスプレッド縮小は、FX業者にとってはそんなに収益には影響はないと思います。ただ、オージー円のスプレッドが1銭を切るというのはすごいことだと思います。私としては引き続きドル円を取引するのが一番オススメではありますが、せっかくの狭いスプレッドなので、トライしてみるのもいいかもね。ちなみに、SBI FXトレードはスプレッドが1万通貨単位まで0.77銭と相当狭いスプレッドのでおすすめです。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る