「完全信託保全」という言葉は使ってはならぬ


この言葉は私の言葉ではないですよ。

金融庁検査を受けていた際に、担当の検査官から言われた言葉です。

どういうことなんでしょうか?

 

為替日記で現在14位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

その金融庁検査はFXオンライン・ジャパンにとって初めてのものでした。

検査自体は投信会社にいたときや銀行にいたときに経験していましたし、

コンプライアンス担当も外資系金融にずっと勤めていた人だったので、

大きなところではあまり心配していませんでした。

 

金融庁検査の話は通りすがり様のコメントにもありましたので、

また色々書きたいと思います。

 

その検査のときに軽く指摘されたのは、

そのときにFXオンライン・ジャパンのウェブサイトにあったある文言でした。

その文言とは、

完全信託保全」でした。

 

当時は、信託保全は義務化されておらず、体力のある先進的なFX会社が信託保全をしているだけでした。

また信託保全されているといっても、「部分信託保全」というのが主流でした。

当時の法規制でも、投資家の証拠金は会社経営の口座とは分けて管理する分別管理が義務付けられていました。

といっても、例えばカバー先に預けることもできたので、

たった10%くらいを信託保全して、残りをカバー先に預けているだけなのに、

「信託保全しています」なんて吹聴することがまかり通っていました。

 

FXオンライン・ジャパンは体力をつけていたので、

やるからには100%以上の信託保全をして、他社との健全性の違いを訴えていました。

信託口座には新銀行東京を選び(あらら)、毎日顧客の証拠金有効残高以上のキャッシュを信託口座に入れていました

 

信託保全を開始するに当たり、

「部分信託保全」の会社との違いを訴えるために、

「完全信託保全」という言葉を用い、100%以上の信託保全をしていることをウェブサイトで訴えていたのです。

文章は私が書きました。

 

なぜ、検査官は「完全信託保全」という言葉に噛み付いたのでしょうか?

主に2つの点を彼は言っていました。

  1. 毎朝、証拠金有効残高を計算し、その日のうちに信託口座に入れていましたが、その日の取引については信託保全されない可能性があること
  2. もっと重要なのは、「完全信託保全」という言葉では、証拠金残高が保護されている、つまり含み損は無視されて戻ってくると誤解される可能性があると。

 

1番目のその日の取引については信託保全されない可能性があるというのはどういうことでしょうか?

当時FXオンラインはロールオーバーのタイミング、つまり日本時間の朝6時または7時の全顧客の証拠金有効残高のデータをとっていました。

その金額と信託保全されている金額を比較して、足りなければ、

当日の15時までに信託口座に足りない金額を送金していました。

 

この状態でFXオンラインがもし破綻していたら、戻ってくる金額はその日のロールオーバー時点の証拠金有効残高となります。

仮にその日のうちに短期売買で10万円儲けていたとしても、

その10万円は戻ってこない可能性があったということです。

 

これはいまも同じです。

どんな会社も事務上の手続きが発生するため、

リアルタイムの信託保全はできませんので、

注意が必要です。

 

2番目。

完全信託保全というと100万円証拠金を入金して、50万円の含み損を抱えている人も、

100万円戻ってくるのではないかと誤解されるかもしれないということです。

これは前回の記事で紹介したとおり、信託保全には含み損益を加減されていますので、

戻ってくるべき金額は50万円となります。

 

ということで当時FXオンラインでは完全信託保全という言葉を使っていたのですが、

検査官はまかりならぬとのことで、ウェブサイトなどをすべて修正しました。

 

FX関係のブログには完全信託保全などという言葉が出てくることがありますが、

検査官の言うとおり、ちょっと注意が必要だなぁと思います。

 

この記事を書くにあたって、Googleで「完全信託保全」という言葉を調べたら、

ひまわり証券がリスティング広告していますね。

あらら・・・

 

FXオンライン・ジャパンはいまはIG証券です。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 

 

 


関連記事

コメント

    • 中嶌
    • 2013年 3月 18日

    業者のホームページに完全信託保全と書いてあっても様々な意味で完全には信じていません。

    日本で激しい売り込みをしながら、日本の金融丁に登録しない(登録すれば規制の対象になるし…)24オプションなどがあるキプロス共和国が事実上の破産状態という詳しい記事が本日掲載されていました。
    http://fxinspect.com/archives/5330

    今後この国の口座開設をしている顧客への影響も出てくるのか目が話せない状況になってきたのではありませんかね。
    金融丁に登録していなければ何があろうとも自己責任ですからね……

      • cellboard
      • 2013年 3月 19日

      中嶌様

      いつもありがとうございます。
      キプロスの件はいいネタになりそうです。

      これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る