海外業者の安全性


以前から当ブログでは海外業者は避けたほうがいいとお伝えしてきましたが、NHKや毎日新聞で海外FX(おそらくバイナリーオプションでも同様のケースあり)での資金トラブルが発生していると報じられました。

国民生活センターによりますと、外貨のFX取引を海外の業者を通じて行い、トラブルになったという相談は、全国の消費生活センターに昨年度、132件寄せられ、前の年より30%余り増えて過去最多となっています。
相談の内容は主に、インターネット上の広告を見て、自動売買ソフトを使ったFX取引を海外の業者を通じて始めたが、得られた利益を引き出す申請をしたら、業者と連絡が取れなくなった、などというものです。

NHKより

海外FX業者での取引が広まってきた大きな理由の一つは、金融庁によるレバレッジ規制でした。日本で営業するFX業者はレバレッジを25倍まで押さえなくてはならなくなったのです。それまでは規制がなかったため、100倍は普通、中には400倍といった高レバレッジも登場していました。レバレッジが高過ぎるとあっという間に証拠金がなくなるケースが多発しますし、為替レートが急変動した際には預けている証拠金を上回る損失が発生することも頻発していました。今にしてみれば適切な措置だったのかなと思っています。(当時は収益が減ってしまうので、色々と反対しようとしていましたが)

ただ当時から懸念していたのが、海外FX業者への取引の流出です。法律は日本の居住者に対してFXを提供する場合には、日本のFX業者と同様にレバレッジ規制を受けることにはなっていますが、海外業者は現実的には無視しています。もしくは建前上海外に住んでいる日本人向けのサービスとして日本語のホームページを設けています。

レバレッジ規制を始めた頃はFXCMやアルパリなど、グローバルに展開している会社のイギリス拠点などがメジャーな業者だったのですが、彼らはしっかりと営業している会社だったため、日本と海外の金融当局の連携により、日本人向けの営業を停止しました。そこで出てきたのが、キプロスなどの規制の緩い国を拠点とするFX、バイナリーオプション業者です。彼らはヨーロッパでは営業を行っているため、業者によってはある程度の体力を抱えている会社もあるかもしれません。ただ、全般的には業績等の開示が殆ど無いため、体力などはわかりにくいケースが殆んどです。

さらに最近出てきているのが、所在地の金融当局から認可を得ているとも思えないような業者の登場です。これらは日本人が高いレバレッジや短い決済機関のバイナリーオプションにニーズがあることを察知して、当初から詐欺的に営業していると思われます。あくまで個人的意見ですが、例えばiGaitameという会社が社名からして日本人以外に営業をしているとは思えません。以前の記事でも書いたBO-BOX問会社もこのカテゴリーだと思われます。

本ブログのスタンスは以下の理由から基本的に海外業者との取引は勧めません。

  1. 誠実に営業している会社かどうかわからないケースが多い
  2. 出金依頼を正しく処理してくれるかどうかわからない
  3. トラブルが発生した際も、金融庁や国民生活センターなどが助けられない

もし、特定のFX、バイナリー業者について調べてほしいとのニーズがありましたら、調べてみたいとは思います。中にはまともな業者もあるとは思いますが、私は日本の規模の大きいFX、バイナリーオプション業者を選ぶほうがその後の安心感も含めていいと思います。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は

外為オプション

バイナリーなら、国内最大手のGMOクリック証券はいかがですか?

GMOクリック証券の外為オプションをお薦めする4つの理由は


関連記事

コメント

    • ブックマーク
    • 2014年 6月 26日

    今回の記事も全くおっしゃるとおりです。
    バイナリーオプションのブログランキングでは
    海外業者を推薦しているブログ主ばかりだけど
    登録していない海外の業者は万が一の事を
    思うと非常に危険だと思います。
    真剣に考えられるならこんなの紹介するっ
    て感じです。
    まあご自分が勝てるから推薦するんだろうけど??
    つい勝てる人のブログを見ていると何も知らない
    初心者は口座開設してみようか…
    となる!!?
    非常に恐いと思います。

      • cellboard
      • 2014年 7月 05日

      ブックマーク様

      世の中のFX関係のブログとアフィリエイトの関係については、
      事実として知っておく必要がありますね。

      アフィリエイト自体は悪い仕組みではありませんが、
      誤った情報の伝え方になってしまう可能性があることを知らない人も多いでしょうから。
      特に海外業者の場合は、アフィリエイトで歪められた情報が発信されやすいかもしれません。

  1. 2014年 7月 05日

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る