今度は伊藤忠社員が着服→FXだって、しかも7億円!


つい先日、京都府の職員が1100万円を詐取して、FXにつぎ込んだというニュースが流れたばかりですが、またもや同様の事件が発生。しかも、金額7億円!伊藤忠の元社員でニュージーランドの関連会社に出向していた30代男性が、3年間で会社の資金を7億円も着服して、FXに投資し続けていたそうです。(画像はNHKから転載しました)

日経新聞電子版によりますと、

伊藤忠によると、元社員は架空の請求書を作成するなどして、出向先の会社の銀行口座から自分名義の銀行口座に送金を繰り返していた。全額をFXにつぎ込んでいたとみられる。元社員が社内監査が迫った今年2月、不正を申告した。

FXってレバレッジがかかる金融商品なので、7億円で例えばレバレッジ10倍とかけたら、70億円分のポジションになるということですよね。相当な金額ですよ。どこのFX会社に口座開設したんでしょうね。伊藤忠といえばFXプライムを思い出してしまいますが、年収や資産はどのように申告していたんでしょう。

でも、よく考えてたら、この男性はニュージーランドに住んでいたということですよね。口座開設はどうやったんでしょう。この記事には、この男性がどのような動機で着服して、FXに投資したのかは不明ですが、 どのような心境で取引していたのでしょうか。

私が学生時代に読んで、金融業界への思いを強めたこの本のことを思い出してしまいました。不正売買に手を染めて、隠し通そうとし、発覚するまでの心境は手に汗握ります。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る