りそな銀行行員、私的に1.55億円を客から集めてFXで消失→自殺


毎日新聞のこの記事は、なんとも悲しい事件です。

りそな銀行の25歳の行員が私的に客から1億5500万円を集めて、FXなどで投資をし、ほとんどなくなってしまったそうです。客から資金を集めて金融商品に投資をするには、投資顧問の範疇になりますが、この事件は当然無断でやっていた話。

りそな銀によると、行員は2013年7〜12月、会社経営者ら3人に「銀行業務とは別に出資してほしい」などと持ち掛け、出資させた。FXのほか株式のオプション取引などで運用したが失敗し、1人に2000万円を支払った以外は、配当金だけでなく元金の返還さえしていない。

この男性行員は残念ながら、自殺してしまったそうです。3人から1.55億円も出資してもらえるような信頼関係を築けていたのなら、本当に儲かるような事業を必死に考えてビジネスを始めていたらと思います。大学を卒業してりそな銀行に入っていたとしたら、入行2,3年というところでしょうか?自分で儲けた経験があったから思いついたのか、単に魔が差したのか・・・。りそな銀行が本件については真摯に対応すると行っていますが、全額補填するのでしょうか?

FXはお金を儲けることも損することも、レバレッジが効いているだけに一瞬です。

FXなら、当ブログ一押しのSBI FXトレードはいかがでしょうか?

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

口座開設方法の詳しい説明は


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る