【全力で警告】option99という海外バイナリー業者で取引するな!


毎日新聞にバイナリーオプションの投資についての注意喚起の記事がありました。

「『高』か『低』かを選ぶだけのシンプルな取引」「業界トップクラスを誇る魅力的な高配当」「取引は最短で60秒」−−。バイナリーオプションを宣伝するサイトにはこんな言葉が並ぶ。いずれも金融庁が警告した無登録の海外業者だ。

この記事中で特定の海外バイナリーオプション業者名を名指しで警告しています。その業者の名前は「option99」。

相談が急増しているサイトの一つの「option99」。所在地は英領ジブラルタルでやはり無登録だ。サイトの運営業者には「返金に応じない」などのクレームが相次ぎ、金融庁が7月に警告を出したが、その後も営業を続けているという。

私はこの会社のことを全然聞いたことがありませんでしたので、情報提供のためにも色々調べてみました。すると出るわ出るわ怪しい感じ。当ブログでは海外業者での取引リスクについて何度か記事にしていますが、BOBOXに対する注意喚起に引き続き今回はこのoption99について警告を出していきたいと思います。

一番最初に気になったのが、2ちゃんねるまとめなどを通じたステルスマーケティング(ステマ)的な動きです。ステマとは会社自体が第三者を装って自社の宣伝をするものです。例えば以下のリンクを見てもらえると分かります。

http://option99.com/binary/2ch/88227/

なぜか、ドメインはoption99.comのまま。この形式の2ちゃんねるまとめ風のサイトは別ドメインでたくさん見つかります。構成もほとんど一緒。知らない人からしたら釣られてしまう可能性はあると思います。

また他の海外バイナリーオプション業者が口座獲得の常套手段としているアフィリエイトもおこなっているようです(詳細確認できず)。いくつかのブログは提灯記事を書いているようです。毎日新聞にもありましたが、バイナリー業者ランキングと称して、適当な(おそらくアフィリエイトフィーがもらえる順番)ランキングに惑わされてしまう人も多数いると思われます。

さて、option99のマーケティング手法はここまでとして、この業者はしっかりとしているのでしょうか?option99のサイトによると所在地はイギリス領のジブラルタルとなっています。ジブラルタルにあるATM Holdingsという会社のグループのようです。ジブラルタルはスペインの南端近くで地中海の出入口の要衝となっているところ、今はイギリスが占領状態にあります。ネットを使ってこのATM Holdingsという会社の状況を検索してみたのですが、ほとんど情報は見つからず。

関東財務局が2014年7月に出した海外業者への警告によると、ATM Holdingsはoption99だけではなく、Binaryfx, FastBinary, My-Tradesというブランドでも営業をしているようです(ほとんど同じ体裁のウェブサイトも存在しています)。ただ面白いのは、インターネットのドメインを取得しているのはMakoto Yoshidaという日本人だということです。会社名はPANOPE Investmentsで登録されており、その会社の所在地はなぜかジブラルタルではなく、キプロスとなっています。Makoto Yoshidaという人物の素性は不明ですが、option99を始めとして、すべて日本人をターゲットにしていると思われます。

勿論業績などの情報は公開されておらず、どれくらいの企業規模なのかは全く分かりません。口座数も全く不明です。入金は海外業者がよく利用しているクレジットカードを利用することができます。

一番大きな問題として、出金トラブルが多くあるようです。曰く「いくら待っても全然戻って来ない」だとか。そのような声があちこちのサイトに掲載されています。例えば「option99 詐欺」などで検索してみてください。

http://www.jpnumber.com/numberinfo_03_4578_0699.html#comment

http://www.no1-reviewer.com/review/2014/07/option99-1.php

出金にあたって、住所の確認などかなりの量の個人情報の提供が必要という立て付けになっているようです。いつどこでクレジットカード情報を含めた不正利用があってもおかしくはないと考えられないでしょうか?

バイナリーオプションのメリットは損益が投資開始時点で固定されることや取引期間が短いことにありますが、そもそも利益をどれだけ上げても出金できなければ、入金した分の損失ということになります。

「option99」という言葉で検索した際に儲かる系のステマサイトやアフィリエイトサイトが上位表示されているのは、彼らの詐欺的行為に引っかかってしまう人を増やしてしまいかねません。このブログは比較的、検索エンジンで上位表示されやすいサイトですので、この記事が参考になると思われましたら、是非リンクを張って、Googleでの上位表示にご協力いただけると、変な損失を出してしまう人を一人でも減らせるかもしれません。

外為オプション

バイナリーなら、国内最大手のGMOクリック証券はいかがですか?

GMOクリック証券の外為オプションをお薦めする4つの理由は


関連記事

コメント

    • サンテ
    • 2014年 9月 08日

    クリックしておきました。

    海外業者は法律の保護を受けられないので、避けた方がいいですよね。

      • cellboard
      • 2014年 9月 09日

      サンテ様

      コメント有難うございます。
      出金できないなどのトラブルも誰も解決できないので、
      このようなトラブルのもとを目にとまるように発信していければと思っています。

      これからもよろしくお願いします。

    • 一之介
    • 2014年 9月 27日

    自分も2万円ですが騙し取られました。
    出金できません。
    Option99ですが、被害者有志で訴えることはできないのでしょうかね。
    或いは奴らはブログなどを使ってステマしてるので、ライブドアやエキサイトに通報するのも手かもしれません。

      • cellboard
      • 2014年 9月 28日

      一之介様

      コメント有難うございます。
      2万円も返ってきていないんですね。
      ちなみに一之介様は何をご覧になってOption99を使い始められましたでしょうか?

      まずは消費者生活センターにお問い合わせされるのがいいかもしれません。
      http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

      他にも仰るとおりライブドアやエキサイトへの通報やGoogleなどでの広告の出元をシャットアウトしていくのが有効かもしれません。
      当ブログも出金トラブルにあった投資家の声を集めたりしながら、
      悪徳業者の名前で検索した時に情報が上位に表示されるようにして、
      今後の被害拡大を食い止めたいと思います。

      今後とも宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る