日本のFX会社がクレジットカードを受け付けない理由


FX業界はレバレッジ規制が始まってから景色が大きく変わりました。

それまでは日本国内だけの競争だったのが、海外にあるFX業者との競争も始まってしまったのです。日本に拠点を持たないため、金融庁には未登録のまま、日本語のウェブサイトを立ち上げて、日本人の口座開設を促しています。建前上は日本国外に住んでいる日本語を話す人が対象のウェブサイトなんていってますけど、そんなわけないですよね(怒)

だいたい海外FX業者がアフィリエイトを使うなんて、アフィリエイトASPサイドに問題もあるだろ!と思いますが・・・

さていくつか海外の業者と国内のFX会社には違いがあるのですが、目立つもののひとつにクレジットカードがあります。

クレジットカードで入金できる海外業者

海外業者のウェブサイトの下のほうにはPaypalやらVisa, マスターなどクレジットカードが並んでいます。

彼らはクレジットカードで証拠金を入金して、取引を開始することができるのです。

私はコンビニでもクレジットカードを使うような人なので、クレジットカードが証拠金入金に使うことができれば相当便利だろうなぁとは思います。

このブログで海外FX業者を紹介する気はさらさらないので、気になる人はウェブサイトを見付けてみてください。

クレジットカードによる入金にどれくらいの手数料がかかるのか、証拠金への反映スピードなどは私も知りません。もし海外FX業者を使っていて、クレジットカードを利用したことがある方がいらっしゃいましたら、是非コメントで教えてください。

 

なぜ日本のFX会社はクレジットカードを受け付けないのか?

理由は簡単明快。金融庁がだめだからです。

クレジットカードで証拠金入金ができるということは、利用明細にその金額が載ってくることになります。FX業者へはクレジットカードが送金し、その金額を後から利用者がカード会社に払うことになります。

言葉を変えると借金をして証拠金に当てていることになります。

現在の金商法では、口座開設時に投資資金の性格を尋ねて顧客カードにその情報を残しておく必要があります。もし投資資金が「借入金」だとしたらどうでしょう。

FXはハイリスク・ハイリターン型の金融商品となるため、借り入れたお金を元に取引することは当局のお許しが出ません。

FXやバイナリーオプションの取引をクレジットカードで多額の入金をして、クレジットカードが払えないなんて社会問題が発生しても困りますので、致し方ないかと思います。クレジットカードを使いたいんだけどというご要望はFX会社に言っても難しいので、金融庁に言った方がいいと思います。

アー、そうなんだと思われた方は応援クリックお願いいたします。
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

photo by: 401(K) 2013

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る