お金を増やす⇒お金の価値が下がる⇒円安になる


私がFXオンラインに入社する前は、

やや一般の人にはなじみの薄い債券(金利)のトレーディングを主にやっていました。

なので、今回の日銀が決めた異次元の金融緩和について簡単に解説したいと思います。

 

バイナリーオプションで現在12位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

本当に簡単にいきますよ。

 

黒田さんが日銀総裁になってやりたいことは、

インフレ率を2%に持っていくこと。

 

インフレ率は物価上昇率のことで、モノの値段がどれくらい上がるかということです。

モノの値段というのは、お金の価値とモノの価値を比べたものになります。

1個100円のコンビニパンが、1年後に110円に値上がりしたら、

10%の物価上昇ということになります。

コンビニパンの価値は中身が同じなら変わってないですよね。

中身が同じものが110円になったということは、

お金の価値が下がったということなのです。

 

一般的に世の中に出回るお金の量が増えると、お金の価値が下がります。

モノの量が同じなのに、お金が増えれば、

物の値段は上がりますよね。

 

日銀はお札を刷るのが仕事です。

お札には日本銀行券って書いてありますよね。

国債やETF, REITの買う量を日銀が増やすとどうなるか、

日銀が国債をもらう代わりに、銀行や証券会社にお金が渡ることになります。

そうすることによって世の中に出回るお金の量が増えていくのです。

 

どんどん日銀がお金をばら撒くことをみんなが期待すると、

モノの値段が上がることを予想し始めます。

モノの値段が上がることを予想すると、いまのうちに買っておこうという気持ちが働いて

実際にモノの値段が上がり始めます。

株式市場がすごい勢いで上がっているのは、

景気が良くなるよりも先にインフレが起きるであろうと思っているからでしょう。

 

株式や不動産価格が上がってくると、

世の中のマインドが良くなってきます。

(実際、私はリーマンショック後に両親にETFを購入することを勧めたのですが、ようやく大幅な含み益に転じました)

 

そうするとデパートで高級なものが売れ始め、

実際の金回りが良くなってくるのです。

 

では、為替市場に与える影響はどうでしょうか?

外国為替は通貨と通貨の交換です。

日本円が世の中に多く出回ることによって、日本円の価値が下がります。

そうすると円安が進むのです。

 

極端な例は、ジンバブエドル。

ジンバブエに何が起きたのはWikipediaでも見てみてください。

 

個人的には10年の長期金利が0.315%という水準にびっくりです。

住宅ローン長期固定に借り替えようかなと思うぐらい。

悪性インフレに備えて、引き続きコストの低いインデックス投信の積み立ては続けます

 

非常にざっくり解説ですが、いかがでしょうか?

 

為替相場はボラティリティが高い状態がしばらく続くと思うので、

リスク管理に気をつけながらやりましょうね。

 

このブログのお勧めはSBI FXトレードです。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る