FX初心者のためのFX入門:証拠金とは?


FXは、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。外国為替の取引を証拠金で行うからこのような名前になりました。

FXの取引を行うためにはこの「証拠金」をFX業者に預ける必要があります。 株や投資信託で取引をするためには証券会社や銀行に預けている資金と引き換えに同額の株や投資信託を購入することになります。しかし、FX取引では証拠金をFX業者に代金として渡して、外貨を買っている訳ではありません。

証拠金を担保として預けることで、FX業者はあなたにその証拠金の最大25倍までの外国為替取引をしてもいいよ、と言っているのです。だたし外国為替取引から出た利益や損失は証拠金の額が直接増減します。

細かい説明は覚えなくてもいいです。

  1. 証拠金は担保として使われる。
  2. 証拠金以上の金額の取引が出来る。
  3. 取引の損益は証拠金に反映される。

この3つだけ覚えておけば、ひとまずOK!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る