FX初心者のためのFX入門:レバレッジとは?


レバレッジは日本語で「てこ」という意味で・・・なんてよく解説されていますね。まぁその通りなんですが、FX取引において、リアルに想像出来るように説明してみたいと思います。

ざっくり言うとレバレッジとは、預けている証拠金以上の取引が出来ること。

つまり、「証拠金を10万円預けていたら、最大で250万円分の取引までできる」ということです。

レバレッジを含んだ例文はこんな感じです。お分かりになるでしょうか?

「レバレッジが高ければ高いほど、ハイリスクハイリターンになる」

「レバレッジが25倍になっている」

「実質レバレッジは3.5倍くらいだ」

「レバが高すぎて、ロスカットをくらってしまった」

「外貨預金はレバレッジ1倍の取引である」

これらの文章のイメージがつかめれば、問題ないと思います。

初心者の方はちょっとハードルが高いかもしれませんね。ただ、レバレッジという言葉のイメージはしっかりと頭に入れておく必要があります。

(先日書きました「証拠金」はレバレッジほどは重要な言葉ではありません)

レバレッジは何倍という言い方をします。預けている証拠金に対して、今取引している金額の比率を何倍という表現をします。例えば、証拠金額10万円に対して、100万円分の取引をしているのであれば、10倍のレバレッジということになります。

現在の日本の法律では、個人のトレーダーが掛けることが出来る最大のレバレッジは25倍と決まっています。レバレッジ規制が始まるまではFX業者が自由に設定することが出来ました。業者によっては400倍なんていうレバレッジをかけることが出来ていました。400倍といえば、10万円の証拠金で4000万円の取引ができたということです。確かにちょっと無茶かもしれない水準ですね。

レバレッジを掛けるとどうなるのか?

FXでは証拠金を担保として、証拠金を超える金額の取引ができます。たとえば証拠金10万円で100万円分の取引をしているとします。レバレッジは100万円÷10万円=10倍となります。

ここで為替レートが1%動いて利益が出ました。100万円の1%なので、1万円儲けたことになります。その儲けは証拠金にプラスされるのです。10万円の証拠金が1万円増えて、11万円となりました。利益率は10%です。

もちろん損するときも全く同じ仕組みです。

このようにレバレッジを掛けた分だけ、利益率も損失率も大きくなるのです。

レバレッジを掛ければ掛けるほどハイリスクハイリターンになる。

ハイリスクハイリターンという言葉は聞いたことがあるでしょうか?高い期待利益率には、リスクが伴うということです。レバレッジの考え方はまさにその通りになります。レバレッジが10倍であれば1%のレート変動が10%の損益につながります。

ではレバレッジが20倍であれば、1%のレート変動によって20%もの損益が発生するのです。

かつてこの方がFXで巨額脱税をしたとして摘発されたことがありました。FXはレバレッジを掛けることができるので、このような大儲けが可能になったのです。株の現物取引で1億儲けるよりも、FXで1億儲けるほうが簡単なのです。

FX業者の設定するレバレッジと実質レバレッジは違う

現在のレバレッジの上限は法律によって25倍になっています。だからと言って、レバレッジを25倍掛けなくてはならないわけではありません。

仮に証拠金を100万円入金して、100万円分の取引をしていたとしたら、そのレバレッジは1倍です。この入金している証拠金額と、実際の取引金額から計算されるレバレッジのことを実質レバレッジといいます。

FX業者の設定しているレバレッジが何倍であろうが、実質レバレッジのコントロールは自分でできるんだということを覚えておいてください。

ざっくりとした解説のつもりがちょっと長く書いてしまいました。

レバレッジは初心者の方がよくつまづくところです。お客さんからの問い合わせもたくさん受けてきました。

初心者が最初の1か月で証拠金をほとんどなくしてしまうケースの主な理由は2つあります。

  1. 証拠金額が少なすぎる、または取引金額が大きすぎる
  2. 相場もちゃんと見ないまま、なんとなく取引してしまう

1番目の理由は要はレバレッジの掛け過ぎです。それだけレバレッジの考え方は大切ですので、よく理解したうえで取引を行って頂きたいと思います。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る