FX初心者のためのFX入門:外国為替市場とは?


FXが取引しているのは、外国為替です。外国為替取引は通貨と通貨の交換のことを意味しています。FXも外国為替取引ですし、海外旅行をする際の空港やホテルでの両替も外国為替取引になります。

日本の自動車メーカーは日本で作った車を海外で売っています。アメリカで売った車はアメリカドルでお金が入ってきます。日本でキャッシュが必要になった場合は、ドルを円に替えます。

また、東京電力は原子力発電所が止まっているため、火力発電で電力需要をまかなわなくてはなりません。そのため、大量の原油や天然ガスを海外から輸入しています。原油や天然ガスは日本円では購入することができないので、円をアメリカドルに替えて買うことになります。

このような輸出入だけではなく、国をまたいだ企業買収、株式、債券、不動産への投資、投機などで外国為替取引は必然的に毎日発生しています。

ドル円の取引はアメリカドルと日本円の交換する取引になります。日本円をもっている太郎さんはアメリカドルが必要。アメリカドルを持っているマイケルさんは日本円が欲しい。太郎さんとマイケルさんが出会ってお互いが持っている日本円とアメリカドルを交換することで外国為替取引が行われます。このときに両者で合意した交換レートが外国為替レートです。

しかし、現実的に太郎さんはマイケルさんに出会うのは非常に難しい。そういった背景から、市場というものが発達してきました。通貨の交換したい人はこの外国為替市場にくれば、簡単に両替することができるのです。株式市場はある特定の場所が株式取引所となりましたが、外国為替市場は特定の場所は存在していません。外国為替市場に参加している銀行などが電話を通じて取引しているのが、外国為替市場です。

外国為替市場は金融市場が発達している都市が中心になっています。東京、シンガポール、ロンドン、ニューヨークなどです。外国為替市場は銀行間(インターバンク)といわれることがあります。主な市場参加者は大手銀行や証券になります。ヘッジファンドやFX会社はインターバンク市場には参加せず、インターバンク参加銀行などと取引をしています。日本の祝日の東京時間も外国為替市場はニュージーランドやオーストラリア、シンガポールなどで取引できるため、FXの取引もできるのです。このインターバンク市場で外国為替レートが時々刻々と変化し、それがFXの取引レートにも反映されたり、空港の両替レートが動いたりします。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 9月 16日

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る