円建て金価格が32年ぶりの高値! 円建て金を取引しよう!


日経新聞その他で報じられていました。

円安を背景に金の国内価格が高騰し、店頭や先物市場では活況な売買が続いている。昨年11月以降、円建ての金の小売価格は円安の進行で約8%上昇したのに対し、ドル建ての金の現物価格は3%、ユーロ建ては5%近くそれぞれ下落。欧米市場に比べ国内金価格の独歩高が鮮明になってきた。

FXに非常に似た投資商品にCFDがあります。このCFDで円建ての金が取引できます。この円建て金は私が日本に導入した商品ですので、非常に思い入れがあります。

どういったものなのか、価格推移はどうなっているのか、どのように取引できるのか、見てみましょう。

そもそも金とは?

金は商品(コモディティ)であり、通貨でもあります。昔から金は富の象徴でした。ほんの40年くらい前まで金本位制という仕組みにより、アメリカドルは金と交換できることを保証されていました。いわゆるニクソンショックによって金本位制度はなくなりましたが、今でも通貨としての性格を持っています。

また世の中にお金の量が増えると、金の価格は上昇します。モノとお金の関係を考えると、モノの量が増えていないのにお金の量が増えると、モノの値段は上昇します。逆にいうと、お金の価値が下がってしまうということになります。これが商品(コモディティ)としての性格で、インフレに強いといわれるのかこの性格のことを示しています。

金の取引は?

国際市場では1トロイオンス=1,660ドルといった価格で取引されています。トロイオンスとは重さの単位です。金はドル建てが世界標準ではありますが、当然日本国内では円建て、重さもグラムが標準となっています。東京工業品取引所ではグラム単位の円建ての金先物が取引されています。またニュースにも出ていたように田中貴金属では実物の金が取引されています。

CFDではどうでしょうか?

IGマーケッツ証券ではニューヨークで取引されている金先物、為替市場で取引されているスポット金、そしてグラム単位の円建てスポット金を取引することができます。

円建て金の価格はドル建てとどう違う?

ドル建ての金は、例えばインドで結婚式が増えると価格が上昇するとか、景気が回復して工業生産が増えると上昇するだとか、ドル高になると下落するだとか、色々な要因で動いてきます。円建ての金もドル建ての金も同じものを取引しているので、ドル建ての金価格が上昇すれば、基本的に円建ての金価格も上昇します。唯一、値動きの違いをもたらすのが為替レートになります。昨年まで円高が続いていましたので、ドル建ての金価格の上昇の割には円建て価格は上昇していませんでした。しかしアベノミクス期待により急速に円安が進行。円建て価格が急上昇したという訳です。

IGマーケッツ証券で取引するには?

IGマーケッツ証券では円建てのスポット金を取引することができます。私が働いていた頃、グラム単位の円建て金取引ができる前から、スポット金の取引量はかなり伸びてきていました。トロイオンスという単位が日本人になじみがないことや、金先物、金積立などでは多くの方がグラム単位で投資を行っていることを踏まえて、イギリス本社に働きかけ、グラム単位の円建て金取引を導入しました。もちろん現在の取引量は分かりませんが、私が働いていたときはCFDの取引ランキング3位に顔を出していたこともありました。

IGマーケッツ証券で円建てスポット金を取引するには以下の手順が必要です。

  1. 口座開設する
  2. 証拠金を入金する
  3. ログインしてFX口座から商品口座を選択する
  4. 証拠金をFX口座から商品口座に振り替える
  5. 金を選択して、取引する

円建て金

円建て金1

円建て金2

スポット金は商品口座の下にあります。左側の取引銘柄一覧のウィンドウから「商品市場」>「貴金属」>「金」でスポット金(円建てー100g)がグラム単位の円建てスポット金になります。

ちなみに円建てスポット金の過去2年間くらいの値動きはこんな感じです。個人的な印象では、金は為替に比べてトレンドが出やすいと思います。しばらくはこのトレンドに乗るのが面白そう。ちなみにIGマーケッツ証券は来週末にIG証券に社名を変更するそうです。取引システムの見た目も変わるかも?

FX入門講座の記事をまとめたページを作りましたので、是非ご覧ください。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 1月 23日

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る