FX投資家のためのバイナリーオプション取引入門


はじめに

最近よく目にするバイナリーオプション。取引は簡単とも聞くけど、まだやったことがない。FXを取引するのとどのような違いがあるのか知りたい。どの業者を選んで取引するのがいいのか知りたい。FX投資経験はあるけれども、バイナリーオプション取引未経験の方に送るバイナリーオプション取引のキホンのキと業者の選び方です。

バイナリーオプションとは

「バイナリーオプション」は日本では2008年に始まったまだ歴史が浅い金融商品です。ある時点での原資産となる金融商品の価格が一定の条件をみたすか満たさないかを取引するオプションで、オール・オア・ナッシングになるのが特徴です。例えば、3時間後のドル円レートが108.50円よりも円高になるか、円安になるのかを予測して取引します。予測があたれば、投資した金額(例えば750円)が増えることになり(1,000円)、予測が外れた場合は、投資金額全額が0となってしまいます。丁半博打的と言われれば、たしかにその通り。

バイナリーオプションのメリット

バイナリーオプションのメリットはいくつもあります。

ひとつは最終決済時間が決められているということ。勝とうが負けようが、結果は数時間以内に出てしまいます。相場が戻ってくると信じてズルズルと含み損を拡大させてしまった経験はありませんでしょうか。バイナリーオプションであれば、取引がすぐに終了してしまうため、塩漬けポジションが発生してしまうことはありません。しかもその最終決済時間は通常、たった数時間なので、相場をウォッチし続けることができます。

また取引開始時点に最大利益、最大損失が確定するという分かりやすい仕組みとなっています。バイナリーオプションは予測があたった時、外れた時にどのような損益が出るかが決まる仕組みになっています。例えばGMOクリック証券の外為オプションでは予測が当たると投資価格がいくらであろうと、1,000円が戻ってきます。逆に予測が外れると0円となるため、投資した金額が全額失われます。FXを含めた普通の金融商品では投資開始時点ではどれくらい損益を出すのかを事前に知ることはできません。自分で反対売買を行うか、証拠金不足で自動的にロスカットされるかになり、損益は反対売買された時の価格で計算されます。事前に損益がわかっている、特に最大損失額を知ることができるのは、リスクコントロールの観点からも非常に優れた仕組みです。

そして、為替市場があまり動いていない時にはFXでは投資しても利益を出すことは難しいですが、バイナリーオプションではたとえ、相場の値動きが乏しくとも投資金額が0円か1,000円になって戻ってくる取引が可能ですので、いつでも勝負をすることができるのです。

最後に非常にシンプルな取引であることを忘れることはできません。バイナリーオプションは取引終了時点のレートがある一定のレートよりも上か下かを予測するだけの単純な仕組みとなっています。しかも数時間となっていますので、あまり詳細なファンダメンタルズ分析などを必要とせず、短期的なテクニカル分析だけで勝負できるといえるでしょう。

バイナリーオプション取引の注意点

バイナリーオプションは取引がシンプルで分かりやすいために、すぐにハマってしまうかもしれません。負けたからといって投資金額を取り戻すべく倍額の投資をするいわゆるマルチンゲール手法はやめておきましょう。4回くらい連続で負けると証拠金がなくなってしまうかもしれませんから。

しかし一番重要なのは、バイナリー業者の選び方です。日本の業者は金融庁や日本金融先物取引業協会のルールに基づいてビジネスを行っていますが、最近では海外のバイナリー業者が日本人相手にかなり積極的な営業活動を仕掛けています。彼らは日本のルールを全く無視しているので、見た目のスペックは魅力あるように見えます。例えば、クレジットカードでの入金や本人確認なしの口座開設、60秒で決済される仕組みなどです。しかし中には見た目のいい取引条件を用意して、出金できないなどのトラブルを引き起こしてしまう海外バイナリー業者もいると聞いています。

業者の選び方

したがって、バイナリーオプションを取引するにあたって一番重要となるのはどのバイナリーオプション提供業者で取引するのかということです。出金などに問題があるなどという噂も聞こえてくる海外業者は選ぶべきではないと考えています。日本で営業をしているバイナリー業者は金融庁、日本金融先物取引業協会の決めたルールに従っています。

さらにどの業者がいいかというと、一番は現在使っているFX業者がもしバイナリーオプションを提供しているのであれば、その会社を検討するべきだと思います。入出金が楽ですし、口座開設もスムーズに行くはずです。もしバイナリーオプションを提供していない会社であれば、口座数が多いGMOクリック証券かFXだけではなく日経平均や商品先物でもバイナリーオプションが取引できるIG証券がおすすめです。

もしバイナリーオプションについて質問、業者選びについてのご相談がありましたら、コメントまたはお問い合わせください。できるかぎりお答えしたいと思います。

外為オプション

バイナリーなら、国内最大手のGMOクリック証券はいかがですか?

GMOクリック証券の外為オプションをお薦めする4つの理由は

IG証券なら一回の口座開設で、FX、CFD、バイナリーまで取引可能

IG証券の他の記事へ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る