金融庁の個人向けバイナリーオプションの規制の意見受付が開始されました


バイナリーオプションはIG証券が日本で初めて取扱いを開始して以来、

FX会社での取り扱いも増え、

その分かりやすい商品設計からだんだん人気が出てきていました。

 

しかし、射幸心をあおりすぎるとか、これってギャンブルじゃね?という声にならぬ声もあったのも事実。

 

為替日記で現在18位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

そういった経緯から、日本金融先物取引業協会では、

昨年よりバイナリーオプションの自主規制について話し合いがもたれてきました。

そして、先日バイナリーオプションの自主規制案が公表されました。

 

またあわせて金融庁による法規制が入るというニュースが時事通信から流れました。

そして先日、金融庁からバイナリーオプションの規制について公表され、

一般に意見を募集することになりました。

 

いくつかの項目を見ていきましょう。

FX会社的には、というかIG証券的に苦慮していたバイナリーオプション取引に必要な証拠金額ですが、

しっかりと定義されました。

また通貨関連バイナリーオプションだけではなく、

有価証券関連バイナリー、つまり株価指数バイナリーも定義されたので、

IGとしてはやってもいいよというお墨付きをもらったことになります。

 

また監督指針の改正案では、

短い期間のバイナリーオプションが制限されることが記載されています。

しかし明確に2時間ということは書いてありません。

おそらくは口頭で2時間という基準が伝えられているのだと思います。

 

「総取り」の禁止、これは当たり前ですよね。

GMOクリック証券はやっていたそうですが、

公正とはいえないとのことで、禁止されます。

 

バイナリーオプションの取引開始のためには、

独自の取引開始基準を設ける必要があります

会社によってはFXは取引できるけども、バイナリーは取引させないなどの対応をとるところも出てくるかもしれませんね。

 

取引開始後の反対売買、利食いや損切りはぎりぎりまでできるようにすることというのも入りました。

反対売買できないと、はっきり言って馬券を買ってレースの結果だけ待つようなものです。

反対売買できることで「金融商品らしさ」が出てきます。

 

一応、金融庁ではこの改正について意見を公募しています。

もしこんな改正はダメだとか、こうしたほうがいいと会見がある方は、

こちらのリンクから意見を提出することができます。

意見提出する際はしっかり資料を読み込んでから出してくださいね。

アホな意見でも回答しなくてはなりませんからね。

 

皆さんがこのバナーから口座開設していただけると、サーバー費用等がまかなえます。

SBI FXトレードはスプレッドが狭い。またバイナリーオプション参入も検討中です。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 

 

 

 


関連記事

コメント

    • サンテ
    • 2013年 5月 16日

    レバ規制の時も反対意見が9割だったのに当初の予定通り規制されましたからね。

    特に変わらないと思います。

      • cellboard
      • 2013年 5月 17日

      サンテ様

      ありがとうございます。
      そうですね。大勢は変わらないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

バイナリー

2013.1.9

SBI FXトレードを選ぶべき6つの理由

信頼できる母体 FX会社はたくさんあるので、どの業者も同じように見えていませんか?中には小さい会社もたくさんありますがSBI FXトレ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る