ゴールデンウィークはFXよりもバイナリーオプションを


今年は、ゴールデンウィークのカレンダーの並びは今ひとつですね。為替取引は日本の祝日とは関係なく行われるので、今年のカレンダーで言うなら5月5日、6日も通常通り取引が行われることになります。しかし、東京からの参加者は激減するので、どうしても取引が薄くなります。日中はほとんど値動きがなくなり、レートの更新頻度も遅くなります。

でも、市場参加者が少ない分、普段ならレートを動かす力がない金額でも相場を大きく動かしてしまうことがあります。よって、ストンと10銭、20銭くらい落ちてしまうこともあるのです。そこからまた、膠着状態といったのがよくあるゴールデンウィークのパターンでしょうか。

FXの取引で利益を出そうと思ったら、ある程度の値動きが必要になりますが、ゴールデンウィークにそれを期待するのは難しいかなと思います。思い切って休んでしまうのも一つです。

もし、ゴールデンウィークに相場を見る時間があるのであれば、バイナリーオプションを見てみるのはいかがでしょうか?バイナリーオプションは、為替市場の値動きが小さい時に大きく値動きをする可能性があるという特徴があります。バイナリーオプションの新取引ルールにより、ポジションを反対売買できるようになっていますので、途中で利益確定してしまう取引が、為替市場の値動きが小さい時には有効に働くかもしれませんよ。是非、見てみてくださいね。

外為オプション

バイナリーなら、国内最大手のGMOクリック証券はいかがですか?

GMOクリック証券の外為オプションをお薦めする4つの理由は


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る