キプロスの大口銀行預金課税 それでもキプロスの業者でいいのか?


だいぶ体調が戻ってきました。

 

さて、キプロスはロシアに助けを求めたり、またEUに戻っていったり、

金策に窮して走り回っているようです。

そんな状態でもまだキプロスの業者で取引し続けますか?

 

バイナリーオプションで現在12位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

いま報道されているキプロスの金融危機の状況ですが、

最大手のキプロス銀行の10万ユーロ以上の大口預金には20%、

その他の銀行には4%以上を課税する案が浮上しているようです。

 

ほかにも色々な案が錯綜しているようで、

ちょっとフォローし切れていません。

 

私がここのところ話題にしているのは、

キプロス情勢が為替市場に与える影響ではありません。

キプロスを拠点にしているFX, バイナリー業者がたくさんいて、

かなり積極的に日本人にマーケティングをしているので、

注意喚起をしているのです。

 

コメントを下さった方のようにキプロスの業者で取引をしていて、

不愉快に感じられている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ色々なFX業者が存在する中で、

あえてキプロスの業者で取引し続ける必要があるのでしょうか?

 

日本でも1997年11月に三洋証券、北海道拓殖銀行、山一證券が経営破たんしたことを覚えているでしょうか?

あの頃は、日本の金融機関は日々の資金繰りが非常に苦しくなり、

非常に高い金利を払わないと資金調達できなくなっていたのです。

(ひょっとして例が古すぎるか?)

 

キプロスの金融機関は大手の銀行がみんなこんな状態。

欧州中央銀行(ECB)がとりあえず流動性を供給していますが、

キプロス側が何らかの措置をとらないと、これ以上の支援ができないところに来ています。

そこで出ては消えているのが、預金に対する課税です。

 

もし、キプロスのFXやバイナリーオプションの提供会社がキプロスの銀行に預金を持っていたらどうなるんでしょう?

というかキプロスに会社があって、キプロスにいる従業員に給料を払ったりするのにキプロスの銀行に預金がないとは思えないのですが。

その金額も10万ユーロ以下とは思えないんですよね。

法人だけが預金課税を逃れられるような生易しい状態じゃないと思っています。

 

あ、ところでキプロスの業者は信託保全しているんでしたっけ?

もしですよ。

キプロスの業者に預けている証拠金が単なる分別管理で、かつキプロスの銀行に預けられていたらどうなるんでしょう・・・

 

キプロスの業者から現時点でどんな回答が返ってきたとしても、

キプロスの救済スキームが固まっていない以上、

その答えに意味があるとは思えません

 

できれば、どの業者がどんな回答をしているか知りたいと思いますので、

もし見せてもいいよという方がいらっしゃったら、

是非、シェアしてください。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 

 


関連記事

コメント

    • 中嶌
    • 2013年 3月 25日

    自分が使っている海外口座や商材がキプロスにあるのか否かも分からない人もいるようです。
    少し調べた範囲では下記がその一例です。
    この他にも規制の甘いキプロスに籍を置くブローカーは多そうです。

    【スマートオプションを使っている商材】
    トリガーバイナリー
    バイナリースパイダー
    バイナリースコープ
    バイナリーオプション ザ・シークレット
    ABCオートキャッシュバイナリー

    【24オプションを使っている商材】
    ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプション

    この中には現在も盛んにアフェリエイターが薦めている商材もあります。
    ゴールデンスパイダー1分バイナリーオプションの価格は59800円でアフェリ報酬は25000円。
    ゴルスパFXの価格は29800円で報酬は26224円だそうで驚きです。
    ほぼアフェリエイターの懐に入る事になります。

      • cellboard
      • 2013年 3月 27日

      中嶌様

      情報ありがとうございます。
      情報商材のアフィリエイトって儲かるんですね。
      すごい。

      とりあえずキプロスの処理は固まりましたが、
      まだまだ注意が必要だと思っています。

    • 中嶌
    • 2013年 3月 25日

    追伸
    度々すいません。
    私のお気に入りのブログの本日の題名は
    【キプロスがEUを離脱すればFX業界は大打撃!】
    の内容を読む限りにおいてもキプロス共和国の問題は
    想像以上に深刻になってくるかもしれません。

    http://fxinspect.com/archives/5384

    口座の証拠金は本当に引き出す事が出来るのか
    何か悲観的な感じがしますよ。
    私は海外の口座に開設はありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る