【急募】キプロスに口座を持っていてメールしてくれる人


ようやくキプロス支援策が固まりました。

支援策が固まったことで、キプロスのFX、バイナリーオプション提供会社に対する具体的質問ができるので、

状況は一歩進んだといっていいと思います

 

まずは支援策から見てみましょう。

 

バイナリーオプションで現在11位。応援お願いします。

にほんブログ村

 

ロイターの記事が分かりやすかったので、

まるっと引用させてもらいます。

 

1.ライキ銀行は、株主・社債権者・保険対象外の預金者の全面的な貢献により、直ちに整理する。整理は、新たに採用する「銀行整理フレームワーク」を用い、キプロス中銀の決定に基づいて進める。

2.ライキ銀行は「グッドバンク」と「バッドバンク」に分割する。「バッドバンク」は段階的に規模を縮小する。

3.「グッドバンク」は、バンク・オブ・キプロス(BoC)とライキ銀行の取締役会に諮った上で、銀行整理フレームワークに基き、BoCに編入する。

ライキ銀行向けの緊急流動性支援(ELA)90億ユーロは、BoCが引き継ぐ。

資本再編が発効するまで、BoCの保険対象外の預金のみ凍結される。同預金は、その後適切な条件が適用される可能性がある。

4.欧州中央銀行(ECB)理事会は、適用規則に則り、BoCに流動性を供給する。

5.BoCは、株主と社債権者の全面的な貢献の下、保険対象外預金の預金・株式転換を通じて資本を再編する。

6.預金・株式転換は、プログラム終了時点の自己資本比率が9%になるよう設計される。

7.すべての銀行の保険対象預金は、EUの関連規則に従って、完全に保護される。

8.プログラムの資金(最大100億ユーロ)はライキ銀行とBoCの資本再編には利用しない。

 

キプロス国内2位だったライキ銀行は分割した上で、グッドバンクは国内1位のキプロス銀行に合流。

バッドバンクは清算されます。

「保険対象外の預金者の全面的な貢献」とは大口預金は保険対象金額以外の部分が消滅してしまうということなんでしょうね。

キプロス銀行の預金保険対象外の大口預金については、引き続き凍結されています。

「同預金は、その後適切な条件が適用される可能性がある。」ということはこの部分からも負担が発生することは否定されていません。

キプロス銀行の大口預金はひょっとしたらキプロス銀行の株式に強制転換されてしまうかもしれません。

キプロス銀行の株なんていまはまったく無価値なんでしょうね。

 

引き続き、キプロスのニュースについては追いかけていきますが、

キプロスのFXやバイナリーオプション業者で取引している人は、

下記の質問を業者に投げるべきでしょう。

「キプロスの銀行大口預金が凍結なり既存しそうだが、顧客の証拠金のうち、キプロスの銀行預金にある比率はどれくらいか?」

「会社の運転資金のうち、キプロスの銀行にある比率はどれくらいか?」

「顧客証拠金との分別管理は第三者によって確認されているのか?」

 

可能であれば、東京にいると思われる日本語担当者ではなく、

キプロスにいる人間に聞けるのが一番だとは思いますが。

What percentage of clients’ margin do you put on Cypriot banks?

What will Cyprus Bailout affect your business and my trades?

What percentage of your operating cash are in Cypriot banks?

Are there any external auditors who investigate your daily segregation operation for clients margin?

 

ちょっとエセ英語ですが、大体通じると思います。

皆さんのお金が取引でなくなるのは、自分の責任でしょうけど、

会社が怪しくなってなくなってしまうのはかなりもったいないので、

何とかアクションをとってもらいたいなぁと思います。

 

もしキプロス本国に突撃メールした勇士がいらっしゃいましたら、

是非、その情報をシェアしてください。

よろしくお願いします。

 

この記事が参考になったなぁと思われましたら、応援クリック2連発お願いいたします。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 為替ブログへ 

 

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2014.9.15

GMOクリック証券の外為オプションをおすすめする4つの理由

バイナリーオプションが日本に入ってきたのは2009年。それ以降、日本でも取扱業者が増えてきましたし、残念なことに金融庁の手の届かない海外のバ…

ブログランキング参加中!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

執筆者紹介

 大学卒業後、投信会社、銀行で為替・金利トレーディングを歴任。

2005年末にFX会社に移り、日本初のバイナリーオプションの導入に携わる。その他、カバー取引、お客様窓口、取引システムの営業、経営戦略、マーケティングなど様々な業務にあたる。雑誌取材やセミナー講師などの経験も多数。

こちらのRSSボタンを押すと購読できます

follow us in feedly
ページ上部へ戻る